カテゴリー
寿楽苑日記

1階広場で、夏まつり

令和4年8月10日(水)午後2時から、1階広場で夏まつりを開催しました。
 
職員代表による開会の言葉の後、スイカ割りからスタートです。
本物のスイカが準備されており、入居者様が紙を丸めた棒で、スイカめがけて「えいっ」。
「あっ。棒が当たって、スイカ割れたわ」
すると、「本当け。うっそ、割れとらんねか」と大笑いです。
次が、ヨーヨー釣り。
ビニールプールの中に、人形などが入っており、それをS字カンなどで釣りあげます。
 
「そっちの青いが、取ってもいいけ」
「いいですよ。うまいこと、取れたらいいね」
続いて、ボーリング。
ペットボトルには水が入っており、当たっても簡単には倒れないようになっています。
それでも、力いっぱい投げると、見事当たって倒れ「やった」と大喜び。
そして、セミ競争。
入居者様が横に並び、持った2本の紐を交互に引いて、誰が早くてっぺんに着くかを競うもの。
男性の入居者様が、2本の紐を器用に扱うと「なんて、上手なが」と周りから拍手です。
その後、おいしいクレープ、ベビーカステラ、パフェ、たこ焼き、ノンアルコールビールなどをいただきます。
 
もちろん、スイカ割りで使った真っ赤なスイカも。
「うんまいね」
「このくらいなら、ペロリやちゃ」
 
「私、アンコ入っとるが、大好きなが」
「冷めたいアイス、ちょうど食べたかったとこや」
「ゆっくり、噛んで食べんならんね」
「幸せいっぱい、胸いっぱいやわ」
「ビール飲んだが、長いことぶりやわ」
「ごちそうさま。おいしかった」
「うんまかったよ」
「腹いっぱいになったけど、夕ご飯もちゃんと食べられるよ」
 
楽しそうな入居者様の声が、いつまでも会場に響いていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。