カテゴリー
寿楽苑日記

喜楽苑で、「絶唱」上映会

令和4年9月16日(金)午後1時30分から、喜楽苑・ひまわり広場で「絶唱」上映会を開催しました。
 
昭和40年封切りで、舟木一夫、和泉雅子、滝沢修、花沢徳衛、初井言栄、奈良岡朋子、石森立男、梶芽衣子、草間靖子、亀山清博他出演。
大地主である園田家の一人息子順吉は、知り合った娘小雪を愛するようになった。
 
それを知った順吉の父は、順吉が大学へ帰るとすぐ、小雪の両親へ引導を含め小雪を他国へ追い出してしまった。
順吉は勘当され、小雪と二人だけで生きていくことになったのだが、愛しあう二人は幸福だった。
そんな暮しをしているうち、順吉は戦争のために出征。

小雪は順吉が戦地に行ってから、男でも音を上げるような労働を、次から次へとすることに。
順吉からの便りが途絶え、やがて終戦の日がやって来た。

その頃、激しい労働に耐えきれず、小雪は病に侵されて病床の身となっていた。
両親がやって来たのは、小雪の容態が急変した時。

そして、ようやく順吉は帰って来たのだが、そのとき小雪は。
カテゴリー
寿楽苑日記

入居者様、職員4回目の新型コロナワクチン接種

令和4年9月16日(金)午前10時から、入居者様と職員を対象にした4回目の新型コロナワクチン接種を行いました。
3回目の接種が終わり、5か月以上が経過した入居者様と、同じく18歳以上60歳未満の職員が対象です。
職員は、研修室で。
入居者様は、居室でのワクチン接種です。
体調などの確認が行われた後、利き腕とは反対側の腕に接種。
この日に予定していた入居者様と職員への新型コロナワクチン接種は、全員無事に終了しました。

カテゴリー
寿楽苑日記

デイサービスで、運動会

令和4年9月14日(水)デイサービス広場で、運動会を開催しました。
 
実行委員長から、「ケガをしないよう、頑張ってください」と開会の挨拶。
そして、全員揃ってラジオ体操をしてから、君が代を歌い国旗掲揚です。
続いて、紅組、白組の利用者様代表が「われわれ選手一同は青春に返り、腰を伸ばしイキイキ・ハキハキと競技することを誓います」と選手宣誓。
紅組、白組全員による応援合戦に続いて、いよいよ競技がスタート。
最初の競技は、サイコロリレー。
転がした2個のサイコロの目の合計が、6点以上だと隣の人へバトンタッチ。

1回目で6点以上出す方もいれば、3回目でようやくの利用者様もいらしたようで「なかなか、難しいもんやね」。
2番目の競技は、うちわを使った順送球です。
風船を、うちわで仰いで隣の人へ渡していきます。

最後の1人の前で、突然「パン」と大きな音を立て風船が破裂。
「あれっ。びっくりしたわ」と大笑い。
3番目の競技は、綱引き。
互いに持った紙のテープを交差させ、両手で引っぱっりちぎれた方の負け。

負けた女性利用者の方が、「相手が男やから、負けんなんもん」と。
最後は、パン取り競争。
ですが、職員が言った数字の書かれた袋を取らねばならず、それがなかなか。

「これ。でっかい、あんぱんやぞ」
取ったパンは、おやつでいただくことに。
結果は、50点差で白組の勝利。

実行委員長から、白組の代表に表彰状と優勝トロフィーが。
紅組には、表彰状と次勝のトロフィーが贈られました。
カテゴリー
寿楽苑日記

ひばり野苑で、「絶唱」上映会

令和4年9月13日(火)午後2時から、ひばり野苑・ユニット広場で「絶唱」上映会を開催しました。
 
昭和40年封切りで、舟木一夫、和泉雅子、滝沢修、花沢徳衛、初井言栄、奈良岡朋子、石森立男、梶芽衣子、草間靖子、亀山清博他出演です。
大地主、園田家の一人息子順吉は、知り合った娘小雪を愛するようになった。

それを知った順吉の父は、順吉が大学に帰るや、小雪の両親に因果を含め小雪を他国へ追い出してしまった。
順吉は勘当され、小雪と二人裸一貫で生きていかなくてはならなかった。
しかし、愛しあう二人は幸福だった。
 
そんな暮しのうちに、順吉は出征。小雪は順吉が戦地に行ってから、男も及ばないような労働を次から次へとするのだった。
順吉の便りもとだえ、やがて終戦がやって来た。

激しい労働に小雪はいつしか病に侵され病床の身となっていた。
両親がやって来た時は、小雪の容態が急変した時。

そんななか、順吉が帰って来たのだが、小雪は。
カテゴリー
寿楽苑日記

ひばり野苑で運動会

令和4年9月12日(月)午後2時30分から、ひばり野苑・ひだまり広場で運動会を開催しました。
入居者様の代表による選手宣誓が行われ、競技が開始です。
競技は、紅白玉入れ、順送球、お菓子取りゲームの3種類。
紅白玉入れでは、床に置かれた大きなカゴ目がけて、玉を投げ入れます。
ところが、入りそうで入らず「あれっ。もう、ちょっとやったがに」。
順送球は、受け取ったビーチボールを、隣に座っている人へ手渡しです。
途中、職員が、少しお手伝いした方もいたようですが、向かい側に座っているチームに負けそうになると大きな声で「ガンバレ、ここで負けられんぞ」。
お菓子取りゲームは、パン食い競争のアレンジ版。
紐に吊り下げたお菓子を、引っぱって取るというものです。
袋をおもいっきり引っぱり、「こっち側の袋が大きいから、これにするわ」。
競技が終わると、アイスの時間です。
チョコレートがたっぷりかかったアイスは、どの入居者様も「冷たて、おいしいわ」と大好評。
熱気あふれる運動会は、最後まで盛り上がりでした。
カテゴリー
寿楽苑日記

1階広場で、「鬼平犯科帳・掻堀のおけい」上映会

令和4年9月12日(月)午前10時から、1階広場で「鬼平犯科帳・掻堀のおけい」上映会を開催しました。
平成5年3月10日放送で、中村吉右衛門、三ツ矢歌子、沖田浩之、多岐川裕美他出演です。
紙問屋伊勢屋が襲われ、主人と女房のおけいが、手足を縛り上げられた格好で見つかった。
だが、盗賊を引き込んだのはおけいだった。
 
翌朝、木村忠吾らが来るが、当然おけいはしらを切り、事件は迷宮入りとなった。
一年後、密偵大滝の五郎蔵と忠吾は、おけいを見かけ声をかけるが、おけいは、人違いだと言って去っていく。
やがて、おまさの記憶から、おけいは大店の女房になりすまし、盗っ人の引き込みをする掻堀のおけいだと分かる。
平蔵は、そんな女が姿を見せたとなれば、企みがあるはずだとにらんだ。
そのころ、五郎蔵はかつて配下だった鶴吉と鉢合わせる。
様子のおかしい鶴吉を問いただすと、鶴吉は親子ほども年の離れたおけいに骨抜きされていると明かす。
五郎蔵が鶴吉を助けるべく動き出したころ、おけいは残忍な殺しも厭わない和尚の半平と組んで、新たな盗みを画策していた。
カテゴリー
寿楽苑日記

喜楽苑で、「喜劇団体列車」上映会

令和4年9月9日(金)午後1時30分から、喜楽苑・ひまわり広場で「喜劇・団体列車」上映会を開催しました。
昭和42年封切りで、渥美清、大辻伺郎、市村俊幸、由利徹、楠トシエ、ミヤコ蝶々、笠智衆、宮城けんじ、東けんじ 佐久間良子他出演。
 
奥道後温泉の近くにある、小さな伊予和田駅に勤務する山川彦一は、30歳で独身。
母親のお杉と、二人暮しをしている。
過去3回助役試験に落ちて、今度は4度目に挑戦。
第一次試験は、パスしたのだが、二次試験の自由討論になって大失敗をしてしまう。
 
ある日のこと、彦一は迷子の子供を拾ったことから、その母親の志村小百合と知り合いになった。
小百合は学校の先生をしており未亡人。
 
彦一は、小百合の美しさにすっかり魅せられてしまった。
そんな時、叔父の風間から、彦一に見合の話が。
四国巡りの団体客に、彦一が添乗としてついて行くことに。
その中には、子供を連れた小百合もいたのだが、その列車には、彦一の見合い相手も乗ってきた。
 
小百合から、話があると言われた彦一は、すっかり。
カテゴリー
寿楽苑日記

職員4回目の新型コロナワクチン接種

令和4年9月9日(金)午前9時から、職員を対象にした4回目の新型コロナワクチン接種を行いました。
18歳以上60歳未満で、3回目の接種が終わり、5か月以上経過した職員が対象です。
接種したのは、計18人。
受付で必要書類を提出し、質問に答えてから、接種する場所へ移動。                           一人ずつ順番に、袖を肩までめくっての接種です。
職員へのワクチン接種は、とてもスムーズに行われました。

カテゴリー
寿楽苑日記

デイサービスで、「色合わせゲーム」

令和4年9月6日(木)午後2時から、デイサービス広場で「色合わせゲーム」を行いました。
 
用紙が、四角い枠で区切られています。
枠の中の色は、白と黄色。そして、赤の3種類。
ペットボトルの蓋を、白い枠には、白色。黄色い枠には、緑色。そして、赤い枠には、黒い蓋を、置いていきます。
枠の数は20個あり、制限時間は30秒で、どれだけ蓋を置けるかを競うゲーム。
時間内に蓋を全部の枠内に置くと、ボーナス得点を含め計50点になります。
 
「まだ、置いとらんとこあったが、忘れとったわ」
「こんだしたら、きっと上手になるわ」
「満点取ったら、次はハンディあって、手使われんがいと」
「そりゃ、難して出来んと思うよ」
 
「蓋、まとめて取って置いてったら、早いぞ」
「そいこと、してもいいがけ」
「あれ。あんた、できとんねけ」
「慣れてきたさかい、おら、もういっぺん、やりたいわ」
ゲームの結果、2ゲームで計64点の利用者様が優勝。
他の利用者様から、大きな拍手が送られていました。
カテゴリー
寿楽苑日記

ひばり野苑で、「喜劇団体列車」上映会

令和4年9月6日(火)午後1時30分から、ひばり野苑・ユニット広場で「喜劇・団体列車」上映会を開催しました。
昭和42年封切りで、渥美清、大辻伺郎、市村俊幸、由利徹、楠トシエ、ミヤコ蝶々、笠智衆、宮城けんじ、東けんじ 佐久間良子他出演です。
 
奥道後温泉近くにある、小さな伊予和田駅に勤務する山川彦一は、30歳で独身、母親お杉との二人暮しである。
過去3回助役試験に落ちて、4度目に挑戦。
第一次試験は、パスしたのだが、二次試験の自由討論になって大失敗。
ある日、彦一は迷子の子供を拾ったことから、その母親の志村小百合と知り合いになった。
小百合は学校の先生をしており未亡人。
彦一は、小百合の美しさにぼーっとなってしまった。
そんな時、叔父の風間から見合の話が持込まれた。
四国巡りの団体客に、彦一が添乗としてついて行くことに。
その中には、子供を連れた小百合もいたのだが、その列車には、彦一の見合い相手も乗ってきた。
小百合から、相談したいことがあると言われた彦一は、すっかり有頂天に。