カテゴリー
寿楽苑日記

1階広場で、「鬼平犯科帳・深川千鳥橋」上映会

令和4年7月12日(火)午前10時から、1階広場で、「鬼平犯科帳 深川・千鳥橋」上映会を開催しました。
 
平成5年1月20日放送、中村吉右衛門、髙橋長英、山本昌平、多岐川裕美他出演。
 
ある日、おまさは、間取りの万三とお元の姿を見かける。
万三は、大工仕事のときに引いた間取り図を、方々の盗人に売りつけている男であった。
翌日、おまさと彦十があとをつけると、万三は、大和屋の主人金兵衛のもとを訪ねた。
金兵衛は元盗賊の頭目で、おまさと彦十は、平蔵に報告。
万三は若いころからの労咳持ちで余命いくばくもなく、また金兵衛も人を傷つけぬ盗みをしてきた盗賊であった。
おまさと彦十は、どうかこのふたりにお慈悲をと願い出ると、平蔵は、その願いを聞き入れると約束する。
そのころ、万三は自分と同じく労咳にかかっているお元を最後の女と決め、ふたりで静かに余生を送ろうとしていた。
そして、最後の仕事として『幻の絵図面』と呼ばれている浅草の札差金子屋の図面を売ろうとしていた。
 
万三の話を聞いたお元は、やめてほしいと頼んだのだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。