カテゴリー
寿楽苑日記

喜楽苑で、夏まつり

令和4年7月8日(金)午後2時から、喜楽苑広場で夏まつりを開催しました。
ひまわり広場では、開会の前から、賑やかな民謡「花笠音頭」の歌と踊りが。
板川介護長代理による開会宣言がコスモス広場で行われ、夏まつりが正式にスタートです。
芸達者な職員による出し物が、次々に披露。
幕開けは、スコップ三味線による「じょんがら女節」で元気よく。
スコップの音色が、会場に響き渡ります。
続いて、あでやかな着物を身にまとい、「DESIRE」を歌い上げます。
そして、リクエストの声に応え「津軽海峡冬景色」と続きました。
次は、ハーモニカ演奏による「浜辺の歌」
やさしい調べが、まるで心に染みるよう。
次が、「どうにもとまらない」の歌に合わせ、3人の女性が踊ります。
3人見事に揃った踊りで、左右の女性は、リンリンとランランという名前とのこと。
軽やかなステップに、大きな拍手が沸き起こっていました。
ひまわり広場では、マジシャンしろくまによる「マジックショー」も。
色が、目の前で変わってしまう魔法のハンカチ。
突然、耳が大きくなったり、タマゴがシュウマイになったり、驚くことばかり。
カラオケでは、職員が自慢の喉を聞かせました。
なかには、仲良く手を組んでのデュエット曲をする職員も。
広場には、おいしい食べ物と飲み物も準備されており、入居者様は、目と耳と口で、夏まつりを楽しむことができたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。