カテゴリー
寿楽苑日記

1階広場で、「フルーチェ」作り

令和4年7月7日(木)午後2時30分から、1階広場で「フルーチェ」作りを行いました。
 
フルーチェ作りを通し、入居者様同士の交流を図ることを目的として、開催したものです。
牛乳の入ったボールの中へ、フルーチェを入れて、かき混ぜるのは入居者様の役割。
そして、出来上がりを、お玉でコップに入れるのも、入居者様です。
入居者様が、フルーチェをグルグルかき混ぜると、職員は驚いた様子で「なんて、上手にやられるが」。
 
すると、混ぜていた入居者様、ちょっと自慢気な表情に。
全員に行き渡り「いただきます」の声の後、作り立てのフルーチェをいただくと「これっ。おいしいね」と、笑顔の入居者様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。