カテゴリー
寿楽苑日記

喜楽苑で、「コント55号水前寺清子の大勝負」上映会

令和4年7月1日(金)午後1時30分から、喜楽苑で「コント55号水前寺清子の大勝負」上映会を開催しました。
 
昭和45年封切、萩本欽一、坂上二郎、水前寺清子、ケーシー高峰、長山藍子、アントニオ猪木、有島一郎、由利徹、左ト全他出演
九州島原地方の田舎町。幼なじみの金市と次郎は、顔を合わせれば喧嘩ばかりのライバル同士。
中学を卒業した2人は、集団就職のため上京する。
金市は理髪店に、次郎は工場に勤め出したが、早々に騒ぎを起こしてクビになってしまう。
 
再就職先を探すものの、中学卒業の2人に世間の風は冷たく、なかなか職に恵まれない。
職を転々とする2人は、それぞれ対立するヤクザの舎弟になり、対決することに。
 
その後、プロレスラー、新聞拡張員と転々と職をかえていた。
そして、昭和45年、市会議員の選挙が行なわれ金市、次郎は共に、市会議員に立候補したのだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。