カテゴリー
寿楽苑日記

喜楽苑で、水戸黄門珍道中

令和4年1月25日(火)の午後、水戸黄門ご一行様が、喜楽苑へやって来ました。

水戸黄門、助さん、格さん。
そして、入居者様の扮する、うっかり八兵衛と、悪代官の5人連れです。

お馴染みの曲が流れる中、一行は、ひまわりリビング、コスモスリビング、たんぽぽの各部屋を回ります。
黄門様が、入居者様に「何か困っていることは、ありませんか」と尋ねると、真剣な顔で「背が小さいから、なおしてください」と。
黄門様から「あなたは、顔がきれいだから、そのままでいいですよ」。
すると、言った本人はもちろん、笑顔の輪が、あっという間に会場中へ広がっていきました。
黄門様は、「何か困りごとがあれば、遠慮なく言ってくださいね」。
そして、「いつまでも、元気で長生きしてくださいね」と、全員に、優しく声をかけます。
入居者様お一人ずつに、大事な印籠を持ってもらい、記念撮影をした後、黄門様一行は、次の宿場へと旅立って行きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。