カテゴリー
寿楽苑日記

ひばり野苑で、「ホラ吹き太閤記」上映会

令和4年5月23日(月)午後2時から、ひばり野苑のユニット広場で、「ホラ吹き太閤記」上映会を開催しました。
 
昭和39年封切で、植木等、ハナ肇、谷啓、草笛光子、浜美枝、草笛光子、東野栄治郎他出演です。
戦国時代、尾張の国の、とある宿場町で、一人の若者が知り合ったばかりの野武士の頭目、蜂須賀小六に助立ちをする。
 
その若者、出世するためには、将来性があるどの武将に仕官するのが一番かと、小六に問うと、尾張の織田信長が一番だと言う。
それを聞いた若者は、信長のもとへ行き、草履取りとして仕官することになった。
 
病気を患い、使いものにならなくなった信長の愛馬のためにと、刀を質入れして朝鮮人参を買い求め、愛馬にそれを与えたところ、見事回復。
草履取りから、台所役人に取り立てられた藤吉郎は、炭、薪の仕入れの不正を正し、仕入れ値を節約するなど、業務に邁進。
さらに、清州城の城壁工事も、3日で修繕するという快挙も。
そして、桶狭間に陣取る、今川義元に奇襲を仕掛けた織田軍の中に、凛々しい藤吉郎の姿があったでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。