カテゴリー
寿楽苑日記

喜楽苑で、「鬼平犯科帳・狂剣」上映会

令和4年4月19日(火)午後1時30分から、喜楽苑のひまわり広場で「鬼平犯科帳・狂剣」上映会を開催しました。
 
平成元年10月11日放送で、中村吉右衛門、井川比佐志、藤岡卓也、長谷川真弓、多岐川裕美他出演。
鬼平は、骨休めの京見物のつもりが、盗賊権十郎とその一味の手がかりをつかみ、京都西町奉行所与力、浦辺彦太郎の出動で捕まえた。
 
彦太郎は昔、平蔵が世話になったことのある浦辺源六郎の長男であった。
そんなある日、平蔵は京の町で男に追われていた、およねを助ける。
およねは、奈良の出身で、大坂にある店へ奉公に出ていた。
店の主人、丹兵衛というのは仮の姿で、実は凶悪な盗賊・高津の玄丹。
 
およねは、丹兵衛の正体を知ってしまったために、逃げていた。
およねを襲ったのは、一味のひとり伝五郎という男。
丹兵衛は、およねがかくまわれたことを知り、平蔵もろとも始末するため、刺客として大河内らを雇い、手下とともにあとを追わせた。
そのころ平蔵は、およねを伴って、浦辺、木村忠吾と共に奈良へと向かっていた。
平蔵は、追っ手の動きを察知し、丹兵衛には、何か別の魂胆があるとにらんだ。
 
そして、およねの話から、少しずつ謀略の全貌が明らかに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。