カテゴリー
寿楽苑日記

喜楽苑で、「男はつらいよ・寅次郎真実一路」上映会

令和4年2月24日(木)午後1時30分から、喜楽苑ひまわり広場で「男はつらいよ・寅次郎真実一路」上映会を開催しました。
 
昭和59年封切で、渥美清、大原麗子、米倉斉加年、風見章子、津島恵子、辰巳柳太郎他出演です。
上野の飲み屋で飲んでいた寅次郎、持ち合わせの金がなく、証券会社に勤める課長の富永に店の支払いをしてもらった。
 
その翌日、お礼を言うためにと、名刺を見ながら富永の勤務先を訪ねた寅次郎だったが、その日の夜も、また二人で飲みに行ってしまう。
泥酔した富永を自宅まで送り、家に泊めてもらった寅次郎、富永の妻ふじ子から、手厚いもてなしを受けた。
そして、富永は、過労による現実逃避から、出勤途中に失踪。
 
郷里の鹿児島から富永の目撃情報が伝えられたと、ふじ子からとらやへ連絡があり、寅次郎はふじ子と一緒に鹿児島へと向かう。
鹿児島で、富永を探したのだが見つからず、ある旅館の宿帳に、富永の書いた字で車寅次郎と書いてあったことから、数日前にそこへ来たことが分かった。
結局、富永を見つけられないまま鹿児島を後にし、柴又へ戻った寅次郎が、また旅へ出ようとしたとき、そこへ無精ひげの富永が現れた。
富永を連れタクシーで富永の自宅へ行き、ふじ子に帰ってきたことを伝えると、二人は涙を流して。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。