カテゴリー
寿楽苑日記

ひばり野苑で、「喜劇・駅前温泉」上映会

令和4年2月18日(金)午後2時から、ひばり野苑のユニット広場で「喜劇・駅前温泉」上映会を、開催しました。

昭和37年封切、森繁久弥、伴淳三郎、フランキー堺、三木のり平、司葉子、森光子、淡島千景、沢村貞子、池内淳子他出演です。
東北にある奥の湯温泉に、デラックスなホテルが建ってから、駅前の温泉はさびれるばかり。
観光協会の理事会で、福屋の主人徳之助は、誠実なサービスが大切だと力説する。
ところが、極楽荘の孫作は、時代に合ったセンスで、新たな事業に取り組まねばと、互いに譲らない。
 
観光協会長の選挙が迫っており、実は二人とも、その座を狙って。
孫作はアンマ屋のみどりの思いつきによる、水着アンマで客を喜ばせた。
そのあおりを食って、芸者たちにはお座敷の声がかからず、金太郎姐さんはご機嫌ななめ。
そんなある日のこと、スズラン美容室の景子を訪ねて、東京から旧友の恵美子がやってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。