カテゴリー
寿楽苑日記

400回目の上映会は、喜楽苑で「夕笛」

令和4年2月17日(木)午後1時30分から、400回目になる上映会を、喜楽苑で開催しました。
 
上映したのは、昭和42年封切の「夕笛」。
舟木一夫、松原智恵子、島田正吾、風見章子等が出演です。
昭和初期のこと。
城下町の椿屋敷と呼ばれている家に、若菜という娘がいた。
若菜は、高校生の島村が、庭に咲く椿をもらいに来たことから、知りあった。
 
椿屋敷は、もともと雄作の家だったのだが、成金になった若菜の父銀蔵が、金で買い取ったのである。
東京へ出ようとした雄作は、若菜の兄の巻き添えで捕まってしまう。
そして、若菜は、心がすすまぬまま、高須賀信之へ嫁ぐことになった。
心労の重った若菜は目を悪くし、盲目に近い身になり、高須賀家を飛び出して、屋敷の焼け跡に暮らしはじめた。
 
雄作は、彼女の目が悪いことを知ると、決まっていたドイツ留学を止め、東京へ出て若菜の目を治そうと決心した。
ところが、雄作が、若菜のところへ急ぐ途中、心臓発作のために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。