カテゴリー
寿楽苑日記

ショートステイで、「喜劇・駅前温泉」上映会

令和4年2月16日(水)午後1時30分から、ショートステイの大ホールで、「喜劇・駅前温泉」上映会を行いました。
 
昭和37年封切で、森繁久弥、伴淳三郎、フランキー堺、三木のり平、森光子、淡島千景、沢村貞子、池内淳子他が出演です。
奥の湯温泉に、デラックスなホテルが建ってから、駅前温泉はさびれるばかり。
 
観光協会の理事会で、福屋の主人徳道は誠実なサービスに限ると力説。
一方、極楽荘の孫作は、時代に合ったことをやらねば、取り残されると互いに譲らない。
観光協会長の選挙を控え、徳道と孫作は、その座を狙っていろいろと画策。
 
孫作は、水着あんまで客を喜ばせたのだが、そのあおりで、芸者にはお座敷がかからなくなってしまう。
そんなある日のこと、スズラン美容室の景子を訪ねて、東京から旧友の恵美子がやって来た。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。