カテゴリー
寿楽苑日記

喜楽苑で、マジックショー

令和4年5月20日(金)午後3時から、喜楽苑のたんぽぽ広場でマジックショーを開催しました。
 
軽快な音楽の流れるなか、華麗なマジックショーが開演。
ご存じ、職員扮するマジシャンしろくまが登場すると、入居者様は大きな拍手で出迎えです。
マジシャンのすぐ前で見ていた入居者様、「どうして、ああなるがいろ。ここで見とっても分からんわ」。
 
「ボール宙に浮いとったよ。不思議や」
「なんやら、魔法使っとるような気するもん」
 
「マジックショー、いつ見ても、びっくりさせられるから、楽しみにしとるが」
マジックショーが終わってから、入居者様は冷たくておいしいアイスをいただき、名残惜しそうに会場を後にしました。
カテゴリー
寿楽苑日記

喜楽苑で、「ホラ吹き太閤記」上映会

令和4年5月20日(金)午後1時30分から、ひばり野苑のユニット広場で、「ホラ吹き太閤記」上映会を開催しました。
 
昭和39年封切で、植木等、ハナ肇、谷啓、草笛光子、浜美枝、草笛光子、東野栄治郎他出演。
戦国時代、尾張の国の宿場町で、一人の若者が知り合ったばかりの野武士の頭目、蜂須賀小六に助立ちする。
 
その若者、出世するためには、将来性があるどの武将に仕官するのが一番かと、小六に相談。
すると、尾張の織田信長が一番だと言う。
若者は、信長のもと、草履取りとして仕官することになった。
 
病気を患い、使いものにならなくなった信長の愛馬のためにと、刀を質入れして朝鮮人参を買い求め、愛馬にそれを与えたところ、回復したでは。
草履取りから、台所役人に取り立てられた藤吉郎は、炭、薪の仕入れの不正を正し、仕入れ値を節約。
さらに、清州城の城壁工事も、3日で修繕するという快挙。
そして、桶狭間に陣取る、今川義元に奇襲を仕掛けた織田軍の中に、凛々しい藤吉郎の姿が。
カテゴリー
寿楽苑日記

ひばり野苑で、おはぎ作り

令和4年5月19日(木)午後2時30分から、ひばり野苑でおはぎ作りを行いました。
 
入居者様同士が一緒におはぎ作りをし、相互の関係を深めようと企画したものです。
炊き上がったばかりのもち米を、すり鉢の中へ移し、それを、すりこ木でつぶしていきます。
赤や、橙色などのバンダナを頭に巻き、ここからが腕に覚えのある入居者様の出番。
「こいがで、いいがけ」
「ちょっと大きいから、半分にしてくださいね」
 
「うん、わかったよ。なら、このくらいにするわ」
 
そして、あんこのおはぎから、作り始めます。
まるで、おはぎ作りのプロのような入居者様がいて、売り物のようなおはぎが、みるみるうちに出来上がっていきます。
「あんこ、手でつけていいがやろ」
「はい。でも、手袋つけてからやりましょうね」
 
なかには、作ったばかりのおはぎを、つまみ食いする入居者様も。
余程おいしかったのか、指をペロペロ、お皿もペロペロです。
「もうちょっと待ってください。皆さん一緒に食べたら、もっとおいしいですよ」
おはぎを全部作り終え、あんこ、きな粉、ごまと3種類のおはぎを入れた小皿を入居者様の前へ。
飲み物は、抹茶と緑茶などが準備してあります。
「これ、食べてもいいが」
「あれっ。なんておいしい、おはぎながいろ」
 
「今日は、こんなおいしいおはぎ食べられて、いかったわ」
「私、次におはぎ作るときも手伝うさかい、言うてね」
「おいしいし、楽しかった」と、入居者様に評判上々のおはぎ作りでした。
カテゴリー
寿楽苑日記

1階広場で、「鬼平犯科帳・おみよは見た」上映会

令和4年5月19日(木)午前10時から1階広場で、「鬼平犯科帳・おみよは見た」上映会を開催しました。
 
平成4年5月6日放送で、中村吉右衛門、近藤正臣、吉沢梨絵、多岐川裕美他出演。
殺し屋の小平次は、八幡屋利兵衛が囲っている、お八重という女を殺した。
だが、その現場をお八重の下女、おみよに見られてしまった。
殺しを見られたからには始末する。小平次は、殺しの仲立ちをしている大島の治兵衛の配下宇吉から、掟通りおみよを殺すよう念押しされる。
だが、おみよは町方の調べに対し、小平次の顔も格好も見ていないと答えていた。
お八重の件を含め、殺しが続いていたことから、平蔵は殺し屋とそれを斡旋している者がいるとにらみ、調べを進める。
口封じのために、おみよを探していた小平次は、偶然立ち寄ったそば屋でおみよに出くわしたのだが、殺すのをためらってしまう。
小平次は武家の出であり、上役の罪をかぶって父は切腹、一家離散していた。その際、親戚に引き取られた妹の面影を、おみよに見ていたのだ。
カテゴリー
寿楽苑だより

寿楽苑だより(117号)

寿楽苑だより(117号)

カテゴリー
寿楽苑日記

デイサービスで、ビーコロゲーム

令和4年5月17日(火)午後2時から、デイサービス広場で、ビーコロゲームを行いました。
ビーコロとは、ビー玉コロコロの略。
箱の中に敷いてある板に、5個の穴が開いており、そこへビー玉を全部落として、箱を隣の利用者様へバトンタッチ。
 
2グループに分かれて、どちらのチームが早く終わるかを競うゲームです。
最初は、ビー玉の数が5個。次が、8個。そして、最後が3個に。
 
「いいとこ、行かいけどね」
「入りそうで、入らんわ」
「思うように、ならん」
「なんて、はがたらしいが」
 
「慌てんとやぞ」
「なかなか、や」
「どうして、こい入らんがいろ」
「落ち着いてやったら、いいが分かっとるがやけど」
「もう一つだけ、ながいけど」
「こんだ、やっと入ったぞ」
 
「よそ見せんと、いこいこ」
「おっ。力入れなんだら、ちゃちゃと入ったわ」
海側チームの圧勝で、その原因は、ビー玉を落とす穴を開けた男性職員のせいに違いないなどと、大盛り上がりでした。
カテゴリー
寿楽苑日記

ひばり野苑で、「いつでも夢を」上映会

令和4年5月16日(月)午後2時から、ひばり野苑・ユニット広場で、「いつでも夢を」上映会を開催しました。
 
昭和38年封切りで、橋幸夫、吉永小百合、浜田光夫、飯田蝶子、松原智恵子他出演です。
浜田は、工場で働きながら、定時制高校に通い、母と弟と同居しているのだが、父は家を追われ出て行ったまま。
浜田の工場へ、定期的に健康診断に来る看護婦の吉永は、みんなの人気者。
吉永は、浜田と同じ定時制に通っており、往診の帰りに、橋が運転するトラックに接触し、怒られた橋は吉永を気に入ってしまう。
そして、吉永は、自転車がパンクして、困っていた浜田も助ける。
3人は知り合うことになり、吉永の誕生日パーティーに呼ばれた浜田と橋は、互いに恋がたきだとわかる。
浜田は、定時制を卒業したらスーツを着て一流企業へいくのだと、大会社の入社試験を受けたのだが落とされてしまう。
ふて寝する浜田を、橋が殴って目をさまさせようとするが、その時に、いなくなっていた浜田の父が、交通事故で入院したという知らせが入った。  
カテゴリー
寿楽苑日記

デイサービスで、ストロー通しゲーム

令和4年5月13日(金)午後2時から、デイサービス広場でストロー通しゲームを行いました。
 
紙とプラスチックコップの口部分を合わせて、片方のコップの底に開いている穴へストローを通し、その点数を競うゲーム。
時間は、1回目が1分。慣れたであろうことを考慮し、2回目は30秒です。
ストローの本数だけではなく、ゲーム時間終了後、他の利用者様が黒い袋の中からストローを取り出し、通した中にそれと同じ色のストローがあると10点に増えます。
 
同じ色ばかりで、一か八かの勝負をする方もいれば、全部の色を平均に取る方もいて、利用者様の性格がうかがえるよう。
「こりゃ、大変や」
「うんまいこと、入らんよ」
 
「色によって、点数が違うがやと」
「やったら、違う色、入れんならんね」
「でかいと、入ったねか」
「やっとったら、目ちょろちょろになってくるわ」
 
「姉さま、頑張れ頑張れ」
「おら、でかいと通されよか」
「何色、出るがかね」
「なかなか、入らんじゃ」
 
「何色、入れてもいいがいろ」
「なんでも、いいがいと」
「1分ちゃ、長いね」
「あぁ。おっかしや」
 
この日の最高得点は126点で、大きな拍手が送られました。

カテゴリー
寿楽苑日記

ショートステイで、「いつでも夢を」上映会

令和4年5月11日(水)午後1時30分から、ショートステイの大ホールで、「いつでも夢を」上映会を開催しました。
 
昭和38年封切りで、橋幸夫、吉永小百合、浜田光夫、飯田蝶子、松原智恵子他出演。
浜田は、工場で働きながら、定時制高校に通っており、母と弟と同居しているのだが、父は家を追われ出て行ったまま。 
浜田の工場へ、健康診断に来る看護婦の吉永は、みんなの人気者。
吉永は、浜田と同じ定時制に通っており、往診の帰り、橋が運転するトラックに接触し、怒られた橋は吉永を気に入ってしまう。
 
吉永は、自転車がパンクして、困っていた浜田も助ける。
3人は知り合うことになり、吉永の誕生日パーティーに呼ばれた浜田と橋が、恋がたきだとわかる。
浜田は、定時制を卒業したらスーツを着て一流企業へいくのだと、入社試験を受けたのだが落とされる。
ふて寝する浜田を、橋が殴って目をさまさせようとするが、その時、いなくなっていた浜田の父が、交通事故で入院したという知らせが入った。
カテゴリー
寿楽苑日記

ひばり野苑で、「誕生会」

令和4年5月9日(月)午後2時30分から、ひばり野苑・ユニット広場で誕生会を開催しました。
 
昭和2年5月生まれで、満95歳の誕生日を迎えたばかりの入居者様。
そして、大正13年5月生まれで、もうすぐ満98歳になる、入居者様のお二人です。
会場には、懐かしい曲が流れており、雰囲気はなごやかそのもの。
 
入居者様の代表がお祝いの言葉が述べた後、誕生月を迎えた方が、参加した人たちにお礼の言葉。
テーブルの上に置かれたケーキのキャンドルを吹き消してから、ケーキを全員でいただきます。
「クリームいっぱい入っとって、おいしいね」
「スポンジ、やわらかて食べやすいわ」
「こんな甘いケーキ、久しぶりにいただいたよ」
「こいケーキ、毎日食べられたら、いいがいけどね」
ユニット広場には、誕生月を迎えたお二人を囲んでのおしゃべりが、続いていました。