ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑で、マジックショー


新着ニュース

喜楽苑で、マジックショー

20210401喜楽苑マジック1-0.JPG

喜楽苑で、マジックショー 

令和341日(木)午後3時から、喜楽苑のたんぽぽ広場でマジックショーを開催しました。

 

登場したのは、職員扮するマジシャンしろくまです。

軽快な音楽が流れる中、華麗なマジックがスタート。

20210401喜楽苑マジック1-1.-4JPG.jpg

「魔法の玉」

あれあれ不思議、玉が宙に浮いて動き回ります。

 

「色の変わるハンカチ」

しばったハンカチが、手の中を通ると、色が変わってしまいました。

20210401喜楽苑マジック2-1-4.JPG

「魔法のステッキ」

呪文をとなえると、ステッキの上に鳩が出てきたでは。

 

「色の変わるサイコロ」

見たときは、白いサイコロだったのに、あっと言う間に赤く変わってしまいました。

20210401喜楽苑マジック3-1-4.JPG

「大きな耳」

マジシャンが、何ですかと耳に手をあてると、手のひらより大きな耳が出現。

 

「ピエロの絵」

白黒のピエロの絵だったのに、一瞬で、それがカラーに。

20210401喜楽苑マジック5-1-3.JPG

「特別なポスター」

破れてバラバラだった紙を広げると、それがミッキーマウスのポスターになっているでは。

 

「魔法の絵本」

絵本の中に書かれていたキャンディーが、本を閉じると、バラバラと下へ落ちてきました。

20210401喜楽苑マジック4-1-4.JPG

「すぐ前で見とったけど、分からんだわ」

「何回見ても、あきんし、上手やね」などと。

 

マジシャンしろくまのマジックショーは、入居者様に大好評でした。

20210401喜楽苑マジック2-0.JPG

 

マジックショーが始まる前、入居者様が、桜を見たいと駐車場の桜見物に出かけました。

20210401喜楽苑桜1-0.JPG

駐車場の桜は、満開。

入居者様、桜の木を見上げながら「きれいやね」。

20210401喜楽苑桜1-1-3.JPG

「今が、ちょうど見ごろやわ」

「桜の花なら、どんだけ見とっても、飽きこんもん」などと、

戻る時間になっても、入居者様は、名残惜しそうに振り返りながら、桜の花を見ていました。

20210401喜楽苑桜2-0.JPG

 

 

 


ページトップ