ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑で、入居者様が花見


新着ニュース

喜楽苑で、入居者様が花見

20210330喜楽苑花見1-0.JPG

喜楽苑で、入居者様が花見 

令和3330日(火)、喜楽苑の入居者様が、駐車場の桜を見に出かけました。

 

この日、桜が、一気に開花。入居者様が、窓から外を見てそのことに気づき「桜咲いとるぜ、きれいやね」と、そわそわ。

20210330喜楽苑花見1-1-3.JPG

そこで、職員が「今日は天気がいいし、桜を見に行きましょうか」と、入居者様をお連れし、一緒に桜の木の近くへと。

 

「桜、きれいやね。あったかくなったし、春やわ」と、にこやかに桜の花を眺める入居者様。20210330喜楽苑花見2-1-3.JPG

「せっかくなので、記念写真を撮りましょうね」と、ほぼ満開の桜の木の下で「はい。ポーズ」。

入居者様は、どなたもすてきな笑顔。

 

と思ったら、眩しかったのか、目を細めている入居者様もいて、「あれーっ。目つぶっとるぜ、せっかくの写真ながに」と大笑い。

20210330喜楽苑花見3-1-3.JPG

新型コロナウィルスの影響で、外出が控えられているなか花見見物ができ、入居者様は、久しぶりにリフレッシュできたようです。

 

満開の桜の花が、いつまでも咲き続けてくれればいいのですが。

 

20210330喜楽苑花見2-0.JPG


ページトップ