ホーム > 新着ニュース > 舟見寿楽苑小ホールで、ひな祭りの集い


新着ニュース

舟見寿楽苑小ホールで、ひな祭りの集い

20210303ひな祭り2F1-0.JPG

舟見寿楽苑小ホールで、ひな祭りの集い 

令和333日(水)午後215分から、舟見寿楽苑小ホールで、ひな祭りの集いを開催しました。

20210303ひな祭り2F2-0.JPG

ひな祭りを通して、入居者様同士おしゃべりをしたり、甘いおやつを食べたりしながら楽しく交流することが目的。

20210303ひな祭り2F1-1-4.JPG

そして、この日のためにと、準備してあったが、甘酒、三色ケーキなど。

20210303ひな祭り2F2-1-4.JPG

集いが始まると、ひな祭りの曲などの童謡がメロディーで流れ、会場の雰囲気を盛り上げます。

20210303ひな祭り2F3-1-4.JPG

開会時、職員が「皆さん、今日は何の日かご存じですか」と質問。

すると、入居者様から「ひな祭りやろ」と、即答です。

20210303ひな祭り2F4-1-4.JPG

「今日は、甘酒やケーキなどが出ます。おしゃべりをいっぱいしながら、楽しんでくださいね」

20210303ひな祭り2F5-1-4.JPG

入居者様が席に着き、まず目の前に出て来たのが甘酒です。

20210303ひな祭り2F6-1-4.JPG

入居者様が、隣に座っている人へ、「まいけ」と尋ねます。

すると、「うん」。

「これ、まいちゃ」

20210303ひな祭り2F3-0.JPG

ごくごくと、飲み干して。

「久しぶりに、甘酒飲んだけど、おいしいね」。

「子供やった時分、寒い時、母親が、甘酒よう作ってくれたもんやぜ」

20210303ひな祭り2F7-1-4.JPG

コーヒーが大好きな入居者様には、コーヒーを準備です。

「甘酒もいいけど、私、やっぱりコーヒーが一番やわ」

20210303ひな祭り2F8-1-4.JPG

「ねまって、待っとってください。まだ、出てきますよ」

 

「なんやら、いっぱい出てくるね」

「おいしいもん、ばっかりやぜ」

20210303ひな祭り2F9-1-4.JPG

「見られ。このケーキ、三段になっとるよ」

「上がピンクで桜の花、下が緑色しとるから鶯の色やろか」

 

「ケーキ、やわらかて、食べやすいし、うんまいわ」

「口の中へ入れたら、とろけてしもたよ」

20210303ひな祭り2F10-1-4.JPG

「もっと、食べたいくらいやね」

「昼は、散らし寿司やったし、なんていい日ながやろ」

20210303ひな祭り2F12-1-4.JPG

「おいしい、おいしい」と、おしゃべりが尽きず、小ホールは笑顔満開のひな祭りの集いになりました。

 

20210303ひな祭り2F4-0.JPG

 


ページトップ