ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑で、「ホラ吹き太閤記」上映会


新着ニュース

喜楽苑で、「ホラ吹き太閤記」上映会

20210301映画喜楽苑2-0.JPG

喜楽苑で、「ホラ吹き太閤記」上映会 

令和331日(月)午後130分から、喜楽苑の広場で「ホラ吹き太閤記」上映会を開催しました。

 

昭和39年封切の映画で、植木等、ハナ肇、谷啓、草笛光子、有島一郎、浜美枝、草笛光子等が出演。

 

尾張の宿場町で、藤吉郎が、野武士の蜂須賀小六に助太刀をした。

20210301映画喜楽苑1-1-4.JPG

小六に、出世するためには、どの武将に仕官するのがいいか、藤吉郎が尋ねると、それなら、尾張の織田信長だろうと。

20210301映画喜楽苑2-1-4.JPG

信長のもと、草履取として働くことになり、病気だった信長の愛馬のためにと、刀を質入れし朝鮮人参を買ってそれを与えたら、なんと元の元気な馬に。

20210301映画喜楽苑3-1-4.JPG

台所役に出世した藤吉郎は、炭、薪の仕入れの不正を暴き、仕入れ値を節約することに成功。

20210301映画喜楽苑4-1-4.JPG

そして、清須城の城壁工事も、わずか3日で修繕させる活躍ぶり。

20210301映画喜楽苑5-1-4.JPG

桶狭間に陣取る、今川義元に奇襲を仕掛けた織田軍の中に、凛々しい木下藤吉郎の姿が。

20210301映画喜楽苑6-1-2.JPG

「あれっ。藤吉郎、植木等やぜ」

「あの人、昔、えらい人気があったもん」

20210301映画喜楽苑7-1-4.JPG

「藤吉郎、あんながにして、偉くなっていったがいね」などと。

 

20210301映画喜楽苑1-0.JPG


ページトップ