ホーム > 新着ニュース > デイサービスで、三味線ショー


新着ニュース

デイサービスで、三味線ショー

20210225デイ三味線1-0.JPG

デイサービスで、三味線ショー 

令和3225日(木)デイサービスで、三味線ショーを開催しました。

 

少々腕に覚えのある職員が、その喉と、見事な三味線のばちさばきを披露。

 

まず、「こきりこ節」からスタートです。

「やっぱり、富山県の民謡は、いいね」

20210225デイ三味線1-1-4.JPG

2曲目は、「黒田節」。

歌詞の中に、富山名物が入っており、しっとりと聞きせます。

 

3曲目は、「越中舟見小唄」。

昔、舟見に芸者がいたとき、米俵を持って、飲みにきた人がいたとか。

そんな情景が、歌声から浮かんでくるよう。

20210225デイ三味線2-1-4.JPG

4曲目は、「佐渡おけさ」。

歌に合わせ、トントンと机をたたく利用者様も。

 

5曲目は、花笠音頭。

「やっしょ、まかしょで、しゃんしゃんしゃん」と、合いの手が入ります。

20210225デイ三味線5-1-3.JPG

6曲目は、ソーラン節。

元気よく、大きな声で「はい、はい」。

 

7曲目は、越中おわら節。

お待ちかね、越中八尾のおわら節が始まると、「踊りた、なったね」「なら、あこ行って、踊ろか」などと。

20210225デイ三味線3-1-4.JPG

8曲目は、秋田おばこ。

賑やかな曲に、手拍子が始まります。

 

9曲目は、リンゴ節。

三味線の見事なテクニックで、聴かせてくれます。

 

10曲目は、南部俵積み歌。

三味線の音に合わせ、大きな手拍子が沸き起こっていました。

20210225デイ三味線4-1-4.JPG

「あんだけ、三味線を弾ける人って、そうおらんよ」

「どれもいかったけど、やっぱり越中おわら節が一番やったわ」などと。

20210225デイ三味線2-0.JPG


ページトップ