ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑で、「おしん」他上映会


新着ニュース

喜楽苑で、「おしん」他上映会

20210217映画喜楽苑1-0.JPG

喜楽苑で、「おしん」他上映会 

令和3217日(水)午後130分から、喜楽苑の広場で「おしん」他上映会を開催しました。

 

昭和58年に放送された、NHK連続テレビ小説の第112116話と、美空ひばりのビデオです。

20210217映画喜楽苑1-1-4.JPG

91日は、雨。この日新しい工場完成祝いが行われる予定で、その準備で大忙しだった。

新しい工場の門前には、祝賀会の列席者が続々と受付にやってきていた。

20210217映画喜楽苑2-1-4.JPG

たかと染子たちが入って来て、お祝いの言葉を聞いて間もなく、いきなり地面が揺れ、おしんは階段から下へと落ちてしまった。

 

田倉商会に戻り、雄と源じいを探している時、がれきの隙間から手が見えた。

がれきをどけると、雄の鳴き声はしたのだが、源じいはもう。

20210217映画喜楽苑3-1-4.JPG

田倉商会は、焼け落ちて、竜三は、新しい工場を見に行ったのだが、そこもすっかり。

竜三は、東京で、もう苦労をしたくないと言い、佐賀でゆっくり休みたいと。

20210217映画喜楽苑4-1-4.JPG

母のふじが加賀屋の若い衆と一緒におしんを訪ねて来て、加代から預かったと封筒などを渡された。

20210217映画喜楽苑5-1-5.JPG

竜三は、佐賀に帰ると言い、母のふじは、辛抱してでも竜三について行けと言った。

20210217映画喜楽苑6-1-2.JPG

「せっかく工場できたがに、関東大震災でダメになったがや」

「でも、雄だけでも助かったから、いかったねか」

20210217映画喜楽苑7-1-2.JPG

「竜三、佐賀へ帰るっていうけど、姑のことで、おしん苦労するわ」などと。

 

20210217映画喜楽苑2-0.JPG

 


ページトップ