ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑で歌と踊りの集い


新着ニュース

喜楽苑で歌と踊りの集い

20120216喜楽苑歌と踊り1-0.JPG

喜楽苑で歌と踊りの集い 

令和3216日(火)午後230分から、喜楽苑のコスモス広場で、歌と踊りの集いを開催しました。

 

この日に備えて猛練習を重ねた職員が、歌と踊りなどを披露。

 

最初は、山本リンダの「狙い撃ち」の曲にあわせたダンスで、会場を盛り上げます。

20120216喜楽苑歌と踊り1-1-4.JPG

曲が始まると、手拍子と共に、なぜか会場に笑い声が。

 

「この姉ちゃん、ダンス上手やけど、面白いね。なんでやろかな」

「恰好かな。面白いもん」

入居者様が、隣の人とそんな会話を。

20210216喜楽苑歌と踊り2-1-4.JPG

次は、西城秀樹の恰好を真似て、「ヤングマン」のダンスを披露。

 

バックダンサーには、スクールメイツかと見間違えるほどダンスの上手な女性職員が、赤色のボンボンを手にして踊ります。

20210216喜楽苑歌と踊り2-0.JPG

会場から、「この歌知っとるよ、YMCAやろ」と入居者様の声

そして、入居者様も、同じボンボンを手にし「Y・M・C・A」と一緒に踊り始めたでは。

 

入居者様の踊りに、職員が「皆さん、なんて上手なが。職員以上やぜ」と驚くほど。

20210216喜楽苑歌と踊り3-1-4.JPG

続いて、「だんご3兄弟」「パプリカ」と2曲のダンスが続きます。

耳にすることが多い曲なので、入居者様は手拍子だけでなく、手踊りも始めました。

 

次が、今回初登場、長山洋子の「じょんから女節」の歌が披露。

久々の演歌に、うっとり聞き惚れる入居者様や、思わず口ずさむ入居者様も。

20210216喜楽苑歌と踊り4-1-4.JPG

次が、「ふじの山」「ふるさと」を全員で、一緒に歌います。

入居者様は、大きな声で歌い、歌と踊りの集いは終了に。

 

ところが、会場の入居者様は歌い足りなかったようで、大きなアンコールの声。

 

「時間の関係で本日はここまでで、次回必ず行います」と約束し、楽しい歌と踊りの集いは、閉会となりました。

20210216喜楽苑歌と踊り3-0.JPG


ページトップ