ホーム > 新着ニュース > ひばり野苑で、「喜劇 駅前旅館」上映会


新着ニュース

ひばり野苑で、「喜劇 駅前旅館」上映会

20210215映画ひばり野1-0.JPG

ひばり野苑で、「喜劇 駅前旅館」上映会 

令和3215日(月)午後210分から、ひばり野苑で、「喜劇 駅前旅館」上映会を開催しました。

 

昭和38年封切の映画で、森繁久弥、伴淳三郎、フランキー堺、淡島千景、淡路恵子、左ト全等が出演。

20210215映画ひばり野1-1.-4JPG.jpg

生野次平は、駅前にある柊元(くきもと)旅館の番頭で、今日も修学旅行の団体客でごったがえしていた。

馴染みの、旅行会社添乗員小山が、忙しそうに中学生をさばく。

 

次平は、山田紡績一行のなかの女の客に、腕をつねられた。

その客は、女中のお京にある伝言を残して、発っていった。

20210215映画ひばり野2-1-4.JPG

次平は、気の合った番頭仲間4人の1人高沢に、あることのしっぽをつかまれ、慰安旅行の幹事にされてしまう。

20210215映画ひばり野3-1-4.JPG

慰安旅行先に決めた、夏の江の島には、全国から、番頭たちが客引きの腕を磨きにやってくる。

20210215映画ひばり野4-1-4.JPG

昔、次平や高沢は、そこで芸を張りあったものだ。

次平は、腕をつねられた女のことを、ようやく思い出した。

 

「懐かしい喜劇役者さん、いっぱい出とったよ」

「あの芸達者なさんたち、映画やとかテレビに出とったが思い出したわ」

20210215映画ひばり野5-1-4.JPG

「昔の修学旅行ちゃ、あんながやったね」などと。

 


ページトップ