ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑で、お楽しみ会


新着ニュース

喜楽苑で、お楽しみ会

20210129喜楽苑お楽しみ会1-0.JPG

喜楽苑で、お楽しみ会 

令和3年1月29日(金)、午後2時30分から、喜楽苑のコスモス広場で、お楽しみ会を開催しました。

 

職員による、ダンスからスタートです

1曲目は、懐かしい「だんご三兄弟」。

アフロヘア―姿の長男・次男・三男が、元気いっぱにい踊ったのですが、音が小さかったらしく、入居者様から「なんの踊りか、わからんぜ」。

20210129喜楽苑お楽しみ会1-1-3.JPG

職員が、「だんご三兄弟。チャンチャン」と歌うと、入居者様も一緒になって歌い出しました。

 

次が、ダンス2曲目は、「パプリカ」。

手拍子と、手真似で、会場は大盛り上がりです。

 

続いて、マジシャンしろくまによる、マジックショー。

20210129喜楽苑お楽しみ会4-1.JPG

おまじないをかけると、色が変わるハンカチ。

何もない袋から、カラフルなレイが出てきて、「おーっ。どうなっとらいろ」と、不思議そうな顔をしながら見つめていました。

 

次が、「津軽海峡冬景色」のカラオケタイム。

「いいぞーっ」

「アンコール、アンコール」の声が、会場に飛び交います。

20210129喜楽苑お楽しみ会2-1-3.JPG

そして、入居者様・職員が一緒に「北国の春」を大合唱。

 

すると、感極まったのか、号泣し始めた入居者様がいて「うれして、泣いとるが。今日は、本当にありがと。うれしいわ」。

周りにいた入居者様と職員も、思わずもらい泣きです。

20210129喜楽苑お楽しみ会3-1-3.JPG

笑顔で「今日は、楽しかったよ。また、してね」と、職員に声をかける入居者様もいて、お楽しみ会は最後まで大盛り上がりでした。

 

20210129喜楽苑お楽しみ会4-2.JPG


ページトップ