ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑で、ゆく年くる年のお茶会


新着ニュース

喜楽苑で、ゆく年くる年のお茶会

20201227喜楽苑お茶会1-0.JPG

喜楽苑で、ゆく年くる年のお茶会 

令和21227日(日)、喜楽苑でゆく年くる年のお茶会を開催しました。

 

正月の飾りつけは、入居者様が考え、それを職員へ伝えます。

「あーっ。そこでは、ないが。もう少し右」

「ありゃ。行き過ぎたわ。もうちょっと、左やちゃ」

20201227喜楽苑お茶会1-1-4.JPG

「そこ、そこ」

「いいがに、なったわ」

 

カレンダー選びになると「どれに、しようかな。神様の言う通り」などと、昔の選び方が、口から出てきます。

「あんた選んだが、かわいい猫やね。私のがは、犬やよ」

 

また、和菓子を選ぶときも「どれにしようか、迷ってしまうわ」。

「どれも、おいしそうや」などと。

20201227喜楽苑お茶会2-1-4.JPG

「抹茶、おいしいけど、やっぱり苦いね」

「なーん。おいしいもん」

 

「甘いがと、苦いがで、ちょうどいいわ」

一仕事終えて、一服の会話も進みます。

 

入居者様のお陰で、苑内はすっかりお正月模様になりました。

 

20201227喜楽苑お茶会3-1-2.JPG


ページトップ