ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑で、「おしん」上映会


新着ニュース

喜楽苑で、「おしん」上映会

2020112映画喜1-0.JPG

喜楽苑で、「おしん」上映会 

令和21112日(木)午後130分から、喜楽苑の広場で「おしん」の上映会を開催しました。

 

昭和58年に放送された、NHK連続テレビ小説の第8791話です。

 

カフェアテネで、田倉夫妻の結婚お祝い会が開かれている途中、田倉商会の店員がやって来て、一番の取引先である洋服店が、明日にでも破産宣告されると。

20201112映画喜1-1-4.JPG

翌朝、おしんは、危ないと言われた洋服店から生地を引き上げて、店へ戻って来た。すると、竜三は、余計なことをしたと、おしんの頬を平手打ち。

 

ところが、店へ飛び込んできた男が竜三に、残っていた生地をみんな引き上げたとは、先見の明があり、さすがだと。

 

長谷川髪結店の奉公人が、おしんに、年末忙しいから、たかの店を手伝ってもらえないかと頼みに来た。それで、おしんは、竜三の許しを得て行くことに

20201112映画喜2-1-4.JPG

最後の客を送り出してから、たかは、お礼だと50円をおしんへ渡し、おしんはそれを竜三へ。

おしんは、たかの店で、洋髪をやらせてもらいたいと頼んだ。

 

田倉商会は、在庫の山を抱え、集金もできず、竜三は身動きがとれなくなっていた。

20201112映画喜3-1-4.JPG

おしんは、髪結い店で洋髪をやることになったと、チラシに書いて貼ってまわっていた。それを聞いた、竜三は。

 

「結婚のお祝いをしてもらった日に、まさか、取引先が破産なんて」

「おしん、加賀屋の経験あったから、品物引きあげられたがやぜ」

20201112映画喜4-1-4.JPG

「でも、髪結いの技術持っとって、いかったね」などと。

 

20201112映画喜2-0.JPG


ページトップ