ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑で、避難訓練


新着ニュース

喜楽苑で、避難訓練

20201029避難訓練喜1-0.JPG

喜楽苑で、避難訓練 

令和21029日(木)午後2時から、喜楽苑で避難訓練を行いました。

 

職員休憩室付近から、出火したとの想定です。

事務所内の自動火災報知器受信機が作動、職員が出火場所等を確認してから、移動。

 

火災場所を確認した後、近くにある非常ボタンを押し、消火器を使って消火活動に。

20201029避難訓練喜1-1-2.JPG

消火器では消火できず、消火栓を使っての消火活動へ。それでも、消火できず、入居者様の避難誘導に移ります。

20201029避難訓練喜2-1-2.JPG

避難誘導を完了した職員が、本部長へ避難した入居者様の人数等を報告し、避難訓練は終了しました。

20201029避難訓練喜2-0.JPG

新川地域消防本部職員からの、総評です。

・非常ベルが鳴り、担当職員は警戒図で確認を行ったが、範囲がかなり広くピンポイントでは分からないはず。

・火の気のある所へ行き、手前から1部屋ずつ指さし確認をし、「〇〇号室異常なし」等と口に出した方が良かった。

・火を見つけた人は、「火事だ」と大きな声を出して言うこと。

・消火器は15秒保持。消火栓は、30秒保持である。

20201029避難訓練喜3-1-2.JPG

また、「避難誘導は、とても良かった。非常ベルが鳴っても、誤報なのか本当の火災なのか、確認をしてから動いてもらいたい」と。

20201029避難訓練喜4-1-2.JPG

そして、「喜楽苑で火災が発生した場合、消防車は入善ではなく宇奈月からやってきます」とも。

 

最後に、高村施設長から、参加者全員に対し、訓練全般に渡っての感想が述べられました。

 

20201029避難訓練喜3-0.JPG

 


ページトップ