ホーム > 新着ニュース > 日本基督(キリスト)教団魚津教会がクリスマス慰問


新着ニュース

日本基督(キリスト)教団魚津教会がクリスマス慰問

20161224Xmas1.JPG201612245Xmas3.JPG201612245Xmas2.JPG日本基督(キリスト)教団魚津教会がクリスマス慰問 

平成28年12月24日(土)、日本基督(キリスト)教団魚津教会から、ウェーラー牧師と関係者の計3名が、慰問に訪れました。

 

ウェーラー牧師は、平成17年から毎年、舟見寿楽苑への慰問を続けており、今年が12回目になります。

 

職員による紹介の後、最初は、3人による賛美歌「こよい鳴りわたる」からスタート。

優しい歌声が、広場中に響いていました。

 

次は、ウェーラー牧師による、手作り人形を使ってのキリスト生誕の話です。

入居者様は、話を聴きながら「うん、うん」とうなづいて。

 

そして、賛美歌「きびと ひつじを」。

 

続いて、スイスから届けられたという、大勢のサンタさんが登場するDVD

こちらは、ウェーラー牧師の通訳つきですから、入居者様も最後まで楽しむことができました。

 

そして、賛美歌「あら野のはてに」。

最後は、賛美歌「きよしこの夜」を、参加者も一緒に大きな声で。

 

教会牧師と関係者による、本格的なクリスマス慰問で、入居者様は素敵なクリスマスイブを迎えることができたようです。

 

日本基督教団魚津教会の皆様、ありがとうございました。

201612254Xmas4.JPG20161225Xmas5.JPG20161225Xmas6.JPG


ページトップ