ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑で、「おしん」上映会


新着ニュース

喜楽苑で、「おしん」上映会

20201014映画喜楽苑1-0.JPG

喜楽苑で、「おしん」上映会 

令和21014日(水)午後130分から、喜楽苑の広場で「おしん」の上映会を開催しました。

 

昭和58年に放送された、NHK連続テレビ小説の第7276話です。

 

田倉の母が、竜三に見合いをさせようと、東京へやって来た。

おしんが、竜三の母の髪を結い終わり帰ってから、竜三が母に伝えた。あの、おしんと結婚したいのだと。

20201014映画喜楽苑1-1-4.JPG

おしんの家に、竜三の所で働いている番頭がやって来た。

そして、おしんに200円入りの封筒を渡し、これで竜三とは会わないでもらいたいと頼んだのだ。

 

おしんは、付き合ってもいない男と、どうして別れなければならないのだと、番頭をしかりつけた。

 

竜三が、おしんを呼んで、器量で好きになったのでなく、おしんの人間性に惚れたのだと、結婚を申し込んだ。しかし、おしんは、はっきり「断る」と。

20201014映画喜楽苑2-1-4.JPG

おしんがカフェアテネで、いつものように髪を結っていたのだが、突然倒れ、そのことを、アテネの女給が竜三へ知らせに行った。

 

おしんは入院し、竜三がその病院へ向かい、医師から、絶対安静にして2、3日危機を乗り越えられれば大丈夫だろうと。

 

病院へ、竜三の母と番頭がやって来て、おしんと別れないのなら、竜三は勘当すると言う。

20201014映画喜楽苑3-1-4.JPG

竜三は、それなら親と縁を切り、店を出ていくと。

 

「おしんの結婚、どうなるがかね」

「でも、実家のため、倒れるまで働くちゃ、いくらなんでもやりすぎやわ」などと。

20201014映画喜楽苑2-0.JPG


ページトップ