ホーム > 新着ニュース > ひばり野苑で、「関の弥太っぺ」上映会


新着ニュース

ひばり野苑で、「関の弥太っぺ」上映会

20200910映画ひばり2-0.JPG

ひばり野苑で、「関の弥太っぺ」上映会 

令和2910日(木)午後210分から、ひばり野苑広場で、「関の弥太っぺ」上映会を開催しました。

 

昭和38年封切の映画で、中村錦之助、木村功、十朱幸代、月形龍之介等が出演。

 

関の弥太っぺは、十年前に両親と死に別れ、その時、幼い妹お糸とも生き別れに。

20200910映画ひばり1-1-4.JPG

妹のお糸に渡そうと、バクチで稼いで、大事に持っていた五十両を、和吉という男に盗まれてしまった。

20200910映画ひばり2-1-4.JPG

和吉は、盗んだ金のため追いかけられていた男に斬られ、自分の娘お小夜を、沢井屋というはたごへ連れていってもらいたいと、弥太っぺに頼んで息を引きとった。

 

沢井屋の女将は、お小夜の引き取りを一度は断ったのだが、弥太っぺの頼みを聞いて、受け入れることに。

20200910映画ひばり3-1-4.JPG

それから十年経ち、妹が病死していたことを知った弥太っぺは、人を斬って金を稼ぐ、荒れた生活を過ごしていた。

20200910映画ひばり4-1-4.JPG

ある日、弥太っぺは、成長したお小夜に再会し、そこで。

 

「錦之助は、やっぱりうまいね」

「あの頃の、時代劇のスターやったもん」

20200910映画ひばり5-1-4.JPG

「最後に一人だけで、大勢のとこへ行ったけど、どうなったがいろ」などと。

 

20200910映画ひばり1-0.JPG


ページトップ