ホーム > 新着ニュース > ショートステイで、「関の弥太っぺ」上映会


新着ニュース

ショートステイで、「関の弥太っぺ」上映会

20200909映画ショート1-0.JPG

ショートステイで、「関の弥太っぺ」上映会 

令和299日(水)午後130分から、2階のショートステイ大ホールで、「関の弥太っぺ」上映会を開催しました。

 

昭和38年に封切の映画で、中村錦之助、木村功、十朱幸代、月形龍之介等が出演。

20200909映画ショート1-1-3.JPG

関の弥太っぺは、十年前に両親と死に別れ、幼い妹お糸と生き別れになっていた。

妹お糸のためにと持っていた五十両を、和吉という男に盗まれてしまう。

20200909映画ショート2-1-3.JPG

和吉は、男に斬られ、娘のお小夜を沢井屋というはたごへ送り届けて欲しいと、弥太っぺに頼んで息を。

20200909映画ショート3-1-2.JPG

沢井屋の女将は、知らない娘の引き取りを断ったのだが、弥太っぺの熱意に打たれて、受け入れることに。

20200909映画ショート4-1-2.JPG

それから十年、妹が病死していたことを知った弥太っぺは、人を斬って金を稼ぐすさんだ生活を。

20200909映画ショート5-1-2.JPG

ある日、弥太っぺは、成長したお小夜に再会した。

 

ブドウやキノコなど、手作りの壁飾りに囲まれ、「昔の、チャンバラ映画も、いいもんやね」。

20200909映画ショート6-1-2.JPG

「錦之助、いま見ても、あんないい男やったがや」などと。

 

20200909映画ショート2-0.JPG


ページトップ