ホーム > 新着ニュース > お昼は、秋の味覚「栗ご飯」


新着ニュース

お昼は、秋の味覚「栗ご飯」

20200909栗ご飯1-0.JPG

お昼は、秋の味覚「栗ご飯」 

令和299日(水)、舟見寿楽苑のお昼は、「栗ご飯」が準備。

 

むき栗がたっぷり入った栗ご飯は、目と歯ごたえ、そして、舌からも秋を堪能させてくれます。

20200909栗ご飯1-1-4.JPG

味が中まで染みた、豚の角煮、冬瓜、人参が横に添えられており、食欲をそそります。

 

また、ブロッコリーとカリフラワーの淡い緑色が目に優しい、生ハム入り花野菜のサラダは、見るからにおいしそう。

 

箸休めとして、しば漬けも。

20200909栗ご飯2-1-3.JPG

そして、絹豆腐と生シイタケ、みつばのくず汁が、とても飲みやすく喉を潤してくれます。

 

入居者様・利用者様から、舟見寿楽苑の食事は季節を感じられるし、おいしいので楽しみだ、と評判の料理は、厨房職員が心を込めて調理させていただきました。

 

20200909栗ご飯2-0.JPG


ページトップ