ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑で、職員によるマツケンサンバ披露


新着ニュース

喜楽苑で、職員によるマツケンサンバ披露

20200717喜楽苑踊り1-0.JPG喜楽苑で、職員によるマツケンサンバ披露

 

喜楽苑の広場で、職員によるマツケンサンバの踊りなどが披露されました。

 

うっとうしい梅雨空を吹き飛ばし、入居者様に元気になっていただきたいと企画したものです。

 

まず、パプリカの歌に合わせ、職員指導による体操をして体をほぐします。

入居者様、一緒に体を動かすので、楽しそう。

20200717喜楽苑踊り1-1-4.JPG

そして、いよいよ、賑やかな曲マツケンサンバがスタート。

 

黄色の衣装等を身にまとい、マイクなどを手にした職員が、元気いっぱい踊ります。

それを見た入居者様、両手をたたいて大喜び。

20200717喜楽苑踊り2-0.JPG

ダンスを間近で見ていただこうと入居者様へ近づくと、握手を求める手が、次々と差し出されます。

20200717喜楽苑踊り2-1-4.JPG

賑やかな曲に合わせて踊る、元気あふれる踊りを見て、入居者様は、大盛り上がりです。

 

「今日の踊り、今まで見た中で、一番いかったよ」

「私らまで、元気になったもん」

20200717喜楽苑踊り3-1-4.JPG

「また、この踊り見せてもらえるけ」

入居者様から、もう次回の要望が出ていました。

 

20200717喜楽苑踊り3-0.JPG


ページトップ