ホーム > 新着ニュース > 七夕前日の昼食は、ソーメンと星型杏仁豆腐


新着ニュース

七夕前日の昼食は、ソーメンと星型杏仁豆腐

20200706昼食1-0.JPG

七夕前日の昼食は、ソーメンと星型杏仁豆腐 

令和276日(月)、舟見寿楽苑七夕前日の昼食は、ソーメンと星形杏仁豆腐の入ったフルーツポンチなどが準備されていました。

 

ソーメンの上には、甘エビ、大きな卵豆腐、干しシイタケなどが載せられており、横に、おろししょうも添えられています。

 

入居者様・利用者様が大好きな、味の染みた煮物は、がんもどき、人参、ワラビなど。

 

そして、味のアクセントとして、スナップエンドウのピーナツ和えも。

 

デザートのフルーツポンチの器の中には、白い星形の杏仁豆腐が輝いていました。

20200706昼食1-1-4.JPG 

寿楽苑の食事はおいしいと、入居者様・利用者様に大好評の料理は、厨房職員が心を込めて調理させていただきました。


ページトップ