ホーム > 新着ニュース > ショートステイで、「若き日の次郎長 東海の顔役」上映会


新着ニュース

ショートステイで、「若き日の次郎長 東海の顔役」上映会

20200522ショート1-0.JPG

ショートステイで、「若き日の次郎長 東海の顔役」上映会 

令和2522日(金)午後2時15分から、ショートステイの大ホールで、「若き日の次郎長 東海の顔役」上映会を開催しました。

 

昭和35年に封切られた、若き日の次郎長シリーズの第1作です。

 

清水の次郎長は、中村錦之助。

お蝶は、丘さとみ。 20200522ショート1-1-4.JPG

清水港は、米問屋坂田屋の養子の長五郎、店先にやって来た浪人を痛めつけて帰した。

 

禁制の米を売ることを考えた次郎長は、役人に捕らえられ家へ戻ってから、船で尾張へ向かうことに。

20200522ショート2-1-4.JPG

サイコロで三百俵の米切手を手に入れ、交換するため桑名へ向かったのだが、交換できず、逆に刀で切りかかられてしまう。

 

名前を、清水の次郎長と変え、子分たちと、親分衆の並ぶ花会へ乗り込んでの大暴れ。

 

男を上げ、米を積んだ船で清水港へ意気揚々と帰って来た次郎長、その足で向かった先が。

20200522ショート3-1-4.JPG

「チャンバラ映画、久しぶりに見たわ」

「若いときの錦之助って、いい男やったね」

 

「昔、映画館で見たが、思い出したよ」

 20200522ショート2-0.JPG


ページトップ