ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑で、お楽しみ交流会が開催


新着ニュース

喜楽苑で、お楽しみ交流会が開催

20161207喜楽苑お楽しみ会1.JPG

 

20161207喜楽苑お楽しみ会2.JPG

 

20161207喜楽苑お楽しみ会3.JPG20161207喜楽苑お楽しみ会4.JPG20161207喜楽苑お楽しみ会5.JPG喜楽苑で、お楽しみ交流会が開催

 

12月7日(水)、喜楽苑の広場で、お楽しみ交流会が開催されました。

 

職員は、普段の服装と異なり、メイドのコスプレでサービスです。

カチューシャをしてメイド姿の職員を見た入居者様から、「あれっ。誰かと思ったら、あんたやったがけ」。

 

会場には、何種類もの和菓子が準備されており、好きな物を選ぶことができます。

入居者様「これにしようかな。あっちの方もおいしそうやし、どっちがいいか困った困った」と言いながら、結局両方とも皿の中に。

 

キッチンからは、抹茶をたてる、いい香りが漂ってきます。

 

クリスマスや懐メロなどのBGMが流れる中、和菓子などといっしょに、素敵な湯呑みに入れられた抹茶をいただき、笑顔で隣の人とおしゃべり。

 

抹茶が一段落すると、次は、歌声喫茶が開店です。

「お座敷小唄」では、入居者様から大きな手拍子が。

「炭坑節」は、メイドの踊りつきで、入居者様も歌にあわせて手を上げたり下げたり。

アンコール・アンコールの声で、急遽「夢追い酒」が追加されました。

 

師走の午後、入居者様はおいしい和菓子、抹茶、そして、入居者様や職員とのおしゃべりとカラオケなどを楽しんでいました。

 

この事業は、NHK歳末たすけあい義援金の助成で開催されたものです。

20161207喜楽苑お楽しみ会6.JPG20161207喜楽苑お楽しみ会7.JPG20161207喜楽苑お楽しみ会8.JPG


ページトップ