ホーム > 新着ニュース > ひばり野保育所が、もちつき大会で歌と踊りを披露


新着ニュース

ひばり野保育所が、もちつき大会で歌と踊りを披露

20161201もちつき園児1.JPG20161201もちつき園児2.JPG20161201もちつき園児3.JPG20161201もちつき園児4.JPGひばり野保育所が、もちつき大会で歌と踊りを披露

 

平成28年12月1日(木)、大ホールで、もちつき大会が開催された際、ひばり野保育所(上田園子所長)の園児が、踊りと歌などを披露しました。

 

まず、もちつきでは、園児が、笹島入善町長、関係者らと一緒に大きな杵を手に持ち、大きく振り上げて「ヨイショッ」。もちつきのお手伝いをしました。

 

そして、もちつきともちつきの合間に、元気あふれる踊りと歌が披露され、入居者様・利用者様は、目を細めて大喜びです。

 

披露されたのは、3曲。

・3、4歳児による、踊り「OH!すし」

・5歳児による、踊り「ヤングマン」

・全児童による、歌「はしるよ!新幹線」

 

どの曲も練習の成果が現れており、ホールには、大きな拍手が鳴り響いていました。

 

演目が終わってから、みんなで、つきたてのきな粉もちを、いただきました。

 

ひばり野保育所園児・職員の皆様、元気を届けていただき、ありがとうございました。

 

20161201もちつき園児5.JPG20161201もちつき園児6.JPG20161201もちつき園児7.JPG


ページトップ