ホーム > 新着ニュース > 春分の日の昼食は、竹の子ご飯


新着ニュース

春分の日の昼食は、竹の子ご飯

20200320春分の日昼食1-0.JPG

春分の日の昼食は、竹の子ご飯 

令和2320日(金)、春分の日の昼食には、竹の子ご飯が準備されていました。

 

ご飯の中には、たっぷりの竹の子と、うす揚げが入っており、とても食べやすい味付けです。

 

煮物は、焼き豆腐、人参。そして、春の味覚ワラビ。

 

そして、舌でもっと春を感じていただきたいと、和え物は、菜の花、しめじ、ゆず。

菜の花の、ちょっと苦めの味が、アクセントになっていたようです。

 

デザートには、多くの入居者様・利用者様が大好きな、ぜんざい。

食べやすいよう小さくした白玉団子が入っており、目にした途端、どなたも笑顔に。

 

20200320春分の日昼食1-1-4.JPG

おいしいから食事の時間が楽しみだと評判の、舟見寿楽苑の料理は、厨房職員が今日も心を込めて作らせていただきました。


ページトップ