ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑で、ひな祭りの会


新着ニュース

喜楽苑で、ひな祭りの会

20200303喜楽苑ひな祭りの会1-0.JPG

喜楽苑で、ひな祭りの会 

令和233日(火)、喜楽苑のコミュニティルームで、ひな祭りの会を開催しました。

 20200303喜楽苑ひな祭りの会1-1-4.JPG

会場には、お雛様と内裏様が飾られており、すっかりひな祭りの雰囲気。

 

また、女性の入居者様は、素敵な髪飾りをつけ、その笑顔の素敵なこと。

20200303喜楽苑ひな祭りの会2-1-4.JPG

まず、職員による開会の言葉の後、おやつの時間からスタートです。

 

甘いグリンティーと、食べる甘酒。そして、お菓子が準備されており、さっそくいただきます。

 

甘いものを前にすると、どの入居者様も笑顔に。

20200303喜楽苑ひな祭りの会3-1-4.JPG

大きな声で、「いただきます」と両手を合わせてから、隣の人へ語りかけるように「おいしいね」。

 

次が、歌の時間。

命の歌、春が来た、うれしいひな祭りなど、ピアノの生伴奏つき。

知っている曲になると、入居者様も一緒に、大きな声で歌っていました。

 20200303喜楽苑ひな祭りの会4-1-3.JPG

歌うのも、ピアノ演奏も、もちろん職員で、入居者様から拍手喝さいです。

 

続いて、お待ちかね、職員が扮したマジシャンしろくまによるマジックショー。

 20200303喜楽苑ひな祭りの会5-1-4.JPG

・ボールが宙に浮いて揺れ動く、マジックボール

・ティッシュの中から、出現したのが、シュウマイ

・匂いのする大きなフランスパンが、手の間から顔を

・魔法の袋からは、次々にきれいなレイが

・空のペットボトルの中へ、口径より大きなカギが入って

・持っていたトランプの大きさが、どんどん小さくなり

・魔法のステッキからは、なんと鳩が

 

そのほかにも、いくつものマジックが披露され、入居者様から

「あれーっ。どうしてやろ」

「こい近いところで見とったがに、不思議やわ」

 20200303喜楽苑ひな祭りの会6-1-4.JPG

「なんで、ああなるがけ」

「いくら見とっても、種ちゃわからんわ」

などと、不思議そうに見入っていました。

 

ひな祭りの会は大盛況で、会場にはいつまでも賑やかな声が響いていました。

20200303喜楽苑ひな祭りの会4-0.JPG


ページトップ