ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑で、お楽しみ会


新着ニュース

喜楽苑で、お楽しみ会

DSC06160.JPG

喜楽苑で、お楽しみ会

2月16日(日)、喜楽苑で、お楽しみ会を開催しました。

 

一番乗りでやって来た入居者様は、「なに、はじまるがけ」「まだけー」。

そして、「ねーちゃん、なんか、せっしゃい」と催促です。

 

ホワイトボードに張ってある「春が来た」「ふるさと」の歌詞を見ながら、声に出して歌ったり、発声練習をするなど、やる気満々。

 

開始の時間になると、コミュニティルームは入居者様でいっぱい。

まず、受け取った牛乳パックの箱、手を離すと、その牛乳パックが、まるで生きてるかのように飛び出したでは。

 202002161-4.jpg

「わーっ。びっくりしたわ」

「なんで、やったがいろ」などと、ワイワイガヤガヤ。

中には、仕組みを見たいのか、分解し始めた入居者様も。

 

そして、クイズです。

「あ、から始まる歌は、なんでしょう」

 

すると、大きな声で「愛しちゃったのよ」。

 

「ふ、は」と尋ねると「二人は若い」。

「り、は」と尋ねると、「リンゴの唄」。

懐かしい曲名が、次々に出てきます。

それらの曲は、全員一緒に大きな声で歌いました。

202002162-4.jpg 

最後の歌は、「仰げば尊し」。

入居者様は、全員ご存じだったのに、曲を知らない若い職員もいたようですが。

 

 


ページトップ