ホーム > 新着ニュース > 舟見寿楽苑小ホールで、スイーツ交流会


新着ニュース

舟見寿楽苑小ホールで、スイーツ交流会

20191219クリスマス1-0.JPG

舟見寿楽苑小ホールで、スイーツ交流会 

令和元年1219日(木)、小ホールで、舟見寿楽苑第2と第3セクション合同による、スイーツ交流会を開催しました。

 20191219クリスマス1-1-4.jpg

小ホールの中央には、大きなクリスマスツリーが飾られ、クリスマスソングがスピーカーから流れており、もうすっかりクリスマス気分。

 

職員が開会を述べてから、今日の主役、ケーキが登場です。

 20191219クリスマス2-0.JPG

大きなケーキが4個並べられ、それを、職員が移動式のテーブルに載せて、入居者様に披露。

 

ケーキが、よく見えるようにと、それぞれのテーブルの近くまで持って行きます。

「わっ。おっきな、ケーキやね」

 20191219クリスマス2-1-4.jpg

「これ、いただけるが」

「はい。後で、好きなケーキを選んでくださいね」

 20191219クリスマス3-0.JPG

「どれにしたら、いかろかね。やっぱり、チョコレートかな」

「わかりました。切ってから、後で持ってきますよ」

 

ケーキの披露が終わると、厨房の職員が、早速切り分けます。

大きなケーキですから、1個から、たくさんの人数分がとれたようです。

 20191219クリスマス3-1-4.jpg

それでも、大きなケーキですから、職員から「こんなに、食べられるかな」。

 

また、ケーキを食べられない入居者様には、ミニカップの抹茶、いちごミルク、カスタードプリンなどを準備。

飲み物は、大好きなジュースなどです。

 20191219クリスマス4-0.JPG

「どうぞ、召し上がれ」と、テーブルにケーキの皿を出すと、入居者様の手がすぐに出ます。

 

「クリーム、いっぱいはいっとるぜ」

「このチョコレート、濃い味で、好きやわ」

 20191219クリスマス4-1-4.jpg

職員が、「飲み物も、ありますから、あわてないでゆっくり食べてくださいね」と言ってたのに、あっと言う間に皿のケーキが空っぽです。

 20191219クリスマス5-0.JPG

なかには、物足りないのか、皿をペロペロなめ始めた入居者様も。

たくさんなので、全部食べられるかなとの職員の心配は、杞憂だったようです。

 20191219クリスマス5-1-4.jpg

口の周りに、クリームをつけた入居者様が何人もいて、職員から「クリームがついてるので、とりますね」と拭いてもらっていました。

 20191219クリスマス6-0.JPG

「今日のケーキ、おいしかったわ」

「今まで、食べたなかで、一番やったよ」

 20191219クリスマス6-1-4.jpg

入居者様に、スイーツ交流会の評判は、上々だったようです。

 20191219クリスマス7-0.JPG

ケーキの後は、歌の時間。

歌詞が書かれた紙を見ながら、スピーカーから流れる曲に合わせて、「ジングルベル」「お正月」の2曲を、一緒に歌いました。

 20191219クリスマス7-1-4.jpg

この事業は、NHK歳末たすけあい義援金の助成を得て開催したものです。


ページトップ