ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑で、ひばり野保育所と、初の「ふれあい交流会」


新着ニュース

喜楽苑で、ひばり野保育所と、初の「ふれあい交流会」

20191127喜楽苑ひばり野保育所1-0.JPG

喜楽苑で、ひばり野保育所と、初の「ふれあい交流会」 

令和元年1127日(水)、喜楽苑で、ひばり野保育所(沢井宣子所長)と、初めての「ふれあい交流会」を開催しました。

 

会場のコミュニティルームには、予定時間になる前から、入居者様が集まって来ます。

「今日、かわいらしいさんたちが、たくさんやって来るんやて」

「子供たち、どんなが、見せてくれるがかね」

 20191127喜楽苑ひばり野保育所1-1-3.jpg

職員による保育所紹介の後、早速、ふれあい交流会がスタート。

 20191127喜楽苑ひばり野保育所2-0.JPG

かわいい衣装で、どんぐりの帽子をかぶった園児が披露したのは、合奏と歌、踊りの3曲です。

最初は、合奏で「山の音楽家」。

次が、歌「どんぐりコロコロ」。

そして、踊り「おでんぐつぐつ体操」。

 20191127喜楽苑ひばり野保育所2-1-3.jpg

どれも練習の成果が現れており、元気いっぱいに披露してくれました。

 20191127喜楽苑ひばり野保育所5-1-6.jpg

また、「ふれあい肩たたきタイム」では、園児たちが、入居者様の肩を小さく握りしめた手で、優しくトントン。20191127喜楽苑ひばり野保育所3-1-4.jpg

20191127喜楽苑ひばり野保育所4-1-4.jpg入居者様は、目を細めて「あれーっ。なんて気持ちいいが」。

 20191127喜楽苑ひばり野保育所5-0.JPG

そして、マジシャンしろくまが登場です。

喜楽苑職員が扮するマジシャンが、得意のマジックを披露。

 20191127喜楽苑ひばり野保育所7-0.JPG

マジックが始まると、子供たち、隣の園児と顔を見合わせ、目を大きく開いてびっくりした表情で、「すごい。すごい」と。

 

ところが、下から何か見つけた園児もいたようで「あれっ。なんか見えとるよ」。

 20191127喜楽苑ひばり野保育所7-1-3.jpg

会場は、元気あふれる園児たちで、最初から最後まで大盛り上がりです。

 

「子供たち、なんて、かわいらしいがいろ」

「見とるだけで、こっちまで元気になってくるわ」

「私なんか、子供たち見とって、涙出てきたもん」

 20191127喜楽苑ひばり野保育所8-0.JPG

ひばり野保育所園児・職員の皆様、元気いっぱいの踊りと歌など、ありがとうございました。入居者様は、ふれあい交流会のお陰で、園児たちから元気の素をいただけたようです。

 

 

 


ページトップ