ホーム > 新着ニュース > ロビーで、ボランティアによる喫茶が開店


新着ニュース

ロビーで、ボランティアによる喫茶が開店

20191107ヘルス喫茶1-0.JPG

ロビーで、ボランティアによる喫茶が開店 

令和元年117日(木)、ロビーで、ヘルスボランティア連絡会(宮下京子会長)による、喫茶が開店しました。

 

ボランティアとして、喫茶のお世話をしてくださったのは、鍋谷さんと寺崎さんのお二人。

お二人とも、長い間喫茶ボランティアとして活動を続けている、超がつくベテランの方です。

 

入居者様・利用者様の好みまで覚えており、注文を受ける前に、「砂糖、ちょっと多めでしたよね」などと。

 

素敵な笑顔と、おしゃべり上手。

それに引かれてか、お客さんが続々と押しかけます。

 20191107ヘルス喫茶1-1-3.jpg

「ちょっと熱いようですので、冷ましましょうか」

そんな心配りが、随所に見られます。

 

「コーヒー、もう一杯お代わり」

「はい。ミルクと、砂糖を入れてでしたね」

 

この日の喫茶は、居心地がいいせいか、なかなか席を離れようとしない入居者様・利用者様が多かったようです。

 20191107ヘルス喫茶2-0.JPG

ヘルスボランティア連絡会様、飲んだ途端、心まで元気になってきた、おいしいコーヒーと昆布茶、ありがとうございました。


ページトップ