ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑で、夏まつり


新着ニュース

喜楽苑で、夏まつり

20190720喜楽苑夏まつり1-0-0.JPG

喜楽苑で、夏まつり 

令和元年720日(土)、喜楽苑で、夏まつりを開催しました。

 

板川介護長代理の開会あいさつの後、夏まつりが開始です。

 20190720喜楽苑夏まつり9-1.JPG

この日、職員は、夏らしい甚平などを着て、夏まつりの雰囲気。

入居者様も、髪に赤いリボン、うっすらと口紅をつけ、この日のためにと、おしゃれ

です。

 20190720喜楽苑夏まつり1-0.JPG

たこ焼き、たい焼き、どんどん焼きの屋台が、コミュニティルームに開店し、入善町婦人ボランティア連絡協議会(松平とみ子会長)が、ボランティアとして協力。

 20190720喜楽苑夏まつり1-1-3.jpg

たんぽぽ広場では、居酒屋「喜楽」が開店。いろんな飲み物や、プリンなどが準備されていました。

 20190720喜楽苑夏まつり2-0.JPG

20190720喜楽苑夏まつり2-1-2.jpg

 

ひまわり広場では、ボーリング、輪投げゲーム。

(株)ダイナムの方々が、ボランティアとしてゲームのお世話で協力です。

20190720喜楽苑夏まつり3-1-3.jpg

 そして、コスモス広場では、大きなスクリーンで、懐かしい美空ひばりのビデオを上映。

 20190720喜楽苑夏まつり4-1.JPG

午後2時から、たんぽぽ広場で、マジシャンしろくまによる、マジックショーがスタート。

 

20190720喜楽苑夏まつり5-0.JPG9種類のマジックが披露され、見ていた人たちは、そのテクニックにびっくりです。

マジシャンしろくまは、喜楽苑の職員が扮していたのですが、お分かりになったでしょうか。

20190720喜楽苑夏まつり5-1-3.jpg

 メーンのアトラクションは、コミュニティルームで八波会による踊りです。

20190720喜楽苑夏まつり6-0.JPG

1曲目は、花笠音頭

2曲目は、春夏秋冬入善音頭

3曲目は、浪花節だよ人生は

4曲目は、越中おわら節

20190720喜楽苑夏まつり8-1.JPG

ここで、アンコールの声が上がり、5曲目に入善の盆踊り。

会場から、盆踊りに参加する人もいて、大盛り上がりです。

20190720喜楽苑夏まつり6-1-4.jpg

 八波会の皆さんは、素敵な衣装で、華麗な踊りを披露してくださいました。

 

そして、スイカ割り。

20190720喜楽苑夏まつり7-1-3.jpg目隠しをした入居者様二人が挑戦したのですが、残念ながら割れず。

男性職員がスイカを真っ二つにし、切り分けられて、入居者様などへ届けられました。

 

20190720喜楽苑夏まつり8-2.JPG

最後に、高村施設長が、閉会の挨拶を行い、大盛り上がりの夏まつりは、幕を閉じました。

 

 


ページトップ