ホーム > 新着ニュース > 全職員を対象に、感染症予防研修会


新着ニュース

全職員を対象に、感染症予防研修会

20190711研修会1-0.JPG

全職員を対象に、感染症予防研修会 

令和元年711日(木)19:00から、小ホールで、全職員を対象にした感染症予防研修会を開催しました。

 

高村施設長挨拶の後、富山県新川厚生センター衛生課の中尾講師が、食中毒について詳しく講義。

20190711研修会1-1-3.jpg

・食中毒の原因

・食中毒の分類

・食中毒の三原則

・ノロウィルスの特徴や症状、感染経路

・ノロウィルス食中毒の予防方法

などについて、分かりやすく解説が行われました。

 

・正しい手洗いのポイント

・ノロウィルス予防における手洗い方法

・次亜塩素酸ナトリウム消毒液の作り方

などについても、講義。

 20190711研修会2-0.JPG

そして、職員の代表が前へ出て、手洗いチェッカーで、洗い残しを確認です。

 

自分では、正しい手洗いをしていたつもりでも、洗い残しがあることを目の当たりにし、驚く職員たち。

 

その後、講師から、手洗いの確認です。

・石けん液で泡立てる

・手のひらと手の甲を洗う

・指の間を洗う

・親指を洗う

・手のひらを洗う

・手首まで洗う

・きれいに洗い流す

 

 

最後に、質疑応答の時間が設けられており、手の荒れ、爪ブラシの使用、次亜塩素酸ナトリウム消毒液は蛍光灯の光にでも劣化するか、などについて講師から回答と説明が行われました。

 20190711研修会2-1-3.jpg

職員は、講義が終了するまで、熱心に講師の話に耳を傾けていました。

 


ページトップ