ホーム > 新着ニュース > 節句お楽しみ会


新着ニュース

節句お楽しみ会

20190521節句お楽しみ会1-0.JPG

節句お楽しみ会 

令和元年521日(火)、大ホールで節句お楽しみ会を開催しました。

 

毎年5月初旬に開催しており、今年も、あおいばらサークル(山本政一代表)の方々が歌と踊りを披露。

 

会場には、入居者様・利用者様が開演の予定時間前から集まり始め、席が埋まっていきます。

 20190521節句お楽しみ会2-0.JPG

まず、高村施設長が節句お楽しみ会開会のあいさつ。

そして、職員による団体紹介の後、開演です。

 

1曲目は、踊り「ふるさと風の盆」。指の先まで心のこもるその踊りが、見る者を魅了してくれます。

20190521節句お楽しみ会1-1-3.jpg2曲目は、歌「九段の母」。切々と、訴えるように歌い上げると、会場には拍手が鳴り響いていました。

 

3曲目は、踊り「古城」。凛々しくも、あでやかな踊りが目を引きます。

4曲目は、歌「星降る街角」。爽やかな歌声、テンポよく歌に合わせて、手拍子がわき起こっていました。

 

5曲目は、歌「二輪草」。息のあった二人の素敵な歌声に、ひときわ大きな拍手です。

6曲目は、踊り「細雪」。情感あふれる踊り、まるで映画の中のワンシーンを見ているよう。

 20190521節句お楽しみ会2-1-3.jpg

7曲目は、歌「人生みなと」。渋い喉で、ろうろうとした歌声。演歌の心が、まるで心の奥まで響いてくるようです。

8曲目は、歌「とやまいきいき音頭」。素敵なドレス姿の二人が、賑やかに歌い上げます。

 

9曲目は、歌「上海の花売り娘」。真っ赤なチャイナドレスがお似合いの二人が、可愛い歌声を。

 20190521節句お楽しみ会3-0.JPG

ここで、会場から大きな「アンコール。アンコール」の声。

 

アンコールに応えて、10曲目は、歌「上海帰りのリル」です。

出演者全員がステージに上り、踊りを交えて、会場の人たちと一緒に歌い上げました。

 

そして、ステージの山本会長から、観客へ問いかけです。

「どうやった。いかったけ」

 

すると、会場から間髪を置かず「うん」。

 20190521節句お楽しみ会3-1-3.jpg

「また皆さんと、会おうね。それまで、まめでおられ」

それを聞いた入居者様・利用者様は、笑顔で「わかったよ」。

 

あおいばらサークル様のお陰で、素敵な踊りと歌声を、満喫することができました。ありがとう、ございます。

20190521節句お楽しみ会4-0.JPG

 

 

 

 


ページトップ