ホーム > 新着ニュース > 童謡と音楽朗読「キラリ」慰問


新着ニュース

童謡と音楽朗読「キラリ」慰問

 

20161028キラリ1.JPG20161028キラリ2.JPG20161028キラリ3.JPG

童謡と音楽朗読「キラリ」慰問

 

 

平成28年10月28日(金)、キラリ(谷道有紀子代表)による、童謡と音楽朗読等の慰問が行われました。

 

最初は、生の伴奏による「村まつり」「もみじ」「富士山」「故郷の空」「お山の杉の子」など、懐かしい童謡が披露されました。

歌詞の書かれた紙に目を落としながら、一緒に歌う入居者様・利用者様の姿があちこちに。

 

音楽朗読「きつねのおきゃくさま」では、きつね、ひよこ、あひる、うさぎ、おおかみの登場に、この後どうなるのかとドキドキハラハラしながら聴き入っていました。

 

そして、ギター演奏による「虹」の後は、一緒に「上を向いて歩こう」を口ずさみ、アンコール曲「ふるさと」になると、みんな大きな声で合唱です。

 

キラリの皆様、心にしみる素敵な午後の一時を、ありがとうございました。


ページトップ