ホーム > 新着ニュース > ひばり野苑へ、日本基督(キリスト)教団魚津教会から慰問


新着ニュース

ひばり野苑へ、日本基督(キリスト)教団魚津教会から慰問

20190425ひばり野苑魚津教会1-0.JPG

ひばり野苑へ、日本基督(キリスト)教団魚津教会から慰問 

平成31年4月25日(木)、ひばり野苑へ、日本基督教団魚津教会のウェーラー牧師と関係者の方が慰問に訪れました。

 

平成17年から、毎年クリスマス時期に慰問を行ってくださっているのですが、お楽しみ会への慰問は、初めてのことになります。

20190425ひばり野苑魚津教会1-1-4.jpg 

職員による紹介の後、ドイツ語による賛美歌が披露。

ウェーラー牧師が、子どもの頃にもらったという、賛美歌集を見ながらです。

 

そして、いよいよ母国であるスイスの話に。

 

国土は、日本の七分の一。

その、三分の二が山で、平地は三分の一とのこと。

 

また、地域ごとに4つの言葉が使われていると聞いて、びっくりです。

 

ウェーラー牧師から、「言葉は勉強のためではなく、使うためにあるもの」と、学びました。

 20190425ひばり野苑魚津教会2-1-4.jpg

続いて、賛美歌「復活」を、みんなで一緒に。

 

次は、プロジェクターで写真を見ながらの、スイス紹介です。

・スイスの山々

・イースター

・20年前

・家族

・友人

・知人

・ブラスバンド

・マッターホルン

・ユングフラウ

など、盛りだくさん。

 20190425ひばり野苑魚津教会2-0.JPG

日本基督教団魚津教会様、詳しい解説つきでしたので、遠い国のはずのスイスが、とても身近に感じられました。

お陰様で、とても充実したお楽しみ会になりました。ありがとうございます。


ページトップ