ホーム > 新着ニュース > 防火訓練


新着ニュース 新着記事一覧を見る

  • 職員募集
  • 天然ふなみの湯 ふれあい温泉
  • ふなみのゆ
  • 寿楽苑だより
  • ボランティア情報
  • 決算報告
  • 一般事業主行動計画
舟見寿楽苑
〒938-0103
富山県下新川郡入善町舟見1664
TEL0765-78-1935
FAX0765-78-1941
jurak273@funamijurakuen.jp
Toyama cafe

新着ニュース

防火訓練

20161025火災訓練3.JPG20161025火災訓練1.JPG20161025火災訓練2.JPG防火訓練

 

平成28年10月25日(火)、防火訓練が行われました。

 

夜間に、機械室付近から出火したとの想定で、訓練の対象は、1セク、2セク、3セク、ユニット、ショートステイです。

 

火災報知器受信機で、発報場所を確認した職員が、夜勤者に出火場所の確認を要請。

要請を受けた職員は、火災の発生を確認した後、火事の旨を報告。

その後、防火扉を閉じてから、入居者様の避難誘導を。

職員に付き添われた入居者様は、待避場所へ安全に移動しました。

 

訓練終了後、消防署職員から参加した職員へ伝えられたことです。

・火災報告は、大きな声で、しっかり伝達することが大切。

・職員は、人命救出を第一に考えて動くこと。

・火事発生の放送は、早くて良かった。

・第1発見者が、消火器で初期消火活動をすれば良かったかも知れない。

・消火活動は消火器でなく、消火栓を使って行うのも方法である。

・避難した後、職員が居室の確認をするが、その際確認済みの印などをつければいいのではないか。

 

最後に、高村施設長から「消防署からの指示事項は、今後生かしたい」との講評がありました。


ページトップ