ホーム > 新着ニュース > クリスマスの日の昼食は、ちらし寿司


新着ニュース

クリスマスの日の昼食は、ちらし寿司

20181225クリスマス昼食1-0.JPG

クリスマスの日の昼食は、ちらし寿司 

平成301225日(火)、クリスマスの日の昼食は、入居者様・利用者様に、ちらし寿司などを召し上がっていただきました。

 

ちらし寿司は、かんぴょう、しいたけ、薄揚げなどを千切りにし、ご飯に混ぜて作ったものです。

 

クリスマスにちなんで、鶏肉を油で揚げた、唐揚げも準備。

また、どなたにも食べやすいようにと、味の染み込んだ冬瓜のカニ風味が、その横に。

 

そして、春を一足早く味わっていただきたいとの思いから、菜の花のピーナツ和えも添えられています。

味噌汁の具は、はんぺん、しめじと三つ葉。

 20181225クリスマス昼食1-1,2,3.jpg

入居者様・利用者様においしく召し上がっていただきたいと、厨房職員が一生懸命作らせていただきました。

 

20181225クリスマス昼食2-0.JPG


ページトップ