ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑でクリスマス会


新着ニュース

喜楽苑でクリスマス会

20181221喜楽苑クリスマス会1-0.JPG

喜楽苑でクリスマス会 

平成301221日(金)、喜楽苑のコミュニティルームで、クリスマス会を開催しました。

 

クリスマスソングが流れ、中央にツリーなどが飾られた広場は、すっかりクリスマスの雰囲気です。

 

職員は、サンタの赤いエプロン。

入居者様も、赤い帽子などをかぶり、楽しみにしていたクリスマス会が始まりました。

 20181221喜楽苑クリスマス会1-1,2,3.jpg

職員あいさつの後、シャンパン風炭酸飲料の入ったグラスを手に、大きな声で「かんぱーい」。

 

目の前には、温かい甘酒と、ケーキが準備されています。

飲み物は、オレンジジュースや、リンゴジュースなど。

 

職員が、ケーキを食べている入居者様に「ジュースのお代わりありますよ」と、声をかけます。

 20181221喜楽苑クリスマス会2-0.JPG

そして、クリスマスマジックショーが開始。

マジシャンしろくま、ダブルなおこが、マジックを披露しました。

 

最初は、「魔法のタオル」。

タオルを水の入った洗面器に入れると、あらあら不思議、着ていたはずの着物がなくなったでは。

 

そして、「魔法のトランプ」、「チャイナリング」と続きます。

「ワンダーランプ」では、ビニール袋に入れた電球へ、パワーを送るとピカッ。

 20181221喜楽苑クリスマス会2-1,2,3.jpg

続いて、「ジャンボコイン」「イリュージョンハンカチーフ」。

「魔法のハンカチ」マジックでは、持っていたハンカチの色が、一瞬で変わってしまいました。

 

「魔法のステッキ」、持っていたステッキに、布をかぶせると、なんと鳩が出てきたでは。

これには、入居者様もびっくり、大きな拍手がわき起こっていました。

 20181221喜楽苑クリスマス会3-0.JPG

そして、「魔法の絵本」。

ちちんぷいぷいとおまじないをかけると、絵本の中からキャンデーが、パラパラ落ちてくるでは。

 

「近くで見とったけど、分からんかったわ」

「どもれこれも、びっくりやった」

 20181221喜楽苑クリスマス会3-1,2,3.jpg

「まさか、あこから鳩が出てくるとは、思わなんだ」

「あの、鳩のマジックいかったよ」

 

マジックが終わると、せんべいなどのお菓子が、一人ひとりへ配られました。

 

そして、カラオケ大会の始まりです。

 

20181221喜楽苑クリスマス会4-0.JPG「先生」「北国の春」「こきりこ節」「ソーラン節」「時の流れに身を任せ」と続き、最後は、全員大きな声で「ふるさと」を合唱です。

 

「クリスマス会、楽しかったわ」

「乾杯したがちゃ、久しぶりやったよ」

 

「ケーキも、おいしかった」

「カラオケも、知っとる曲ばっかりやったもん」

 20181221喜楽苑クリスマス会4-1,2,3.jpg

入居者様には、一足早いクリスマスを、楽しんでいただけたようです。


ページトップ